スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今できること・・・<低線量の公園で遊ぶ>

守谷市は比較的放射線量の高いホットスポットと言われています。

保育園・幼稚園・小学校は昨年除染し放射線量も低く安定しています。

しかし公園は地表1cm、1マイクロシーベルト以上の部分の除染のみとなっており、0.9マイクロシーベルトでも除染はしていないようです。

守谷市に問い合わせたところ、茨城県南部市町村で今後どのように除染していくか話し合っているけれども、中間貯蔵施設、仮置き場をどこにつくるかはっきりしていないため除染した土も置く場所がなく、残念ながら昨年の対策を維持している、とのことでした。

除染して欲しいと思いつつ、保管する場所がない。
今、保育園にも幼稚園にも通っていないお子さんたちはどこで遊んでいるのでしょうか?

未就園児のお子さんがいるママ友に聞いてみました。

①夢っこ広場は未就園児が入れる施設で、かつ守谷市が除染しているので通っている。

②除染済み保育園の園庭解放に行く。

③アスファルトの上は比較的線量が低いのでアスファルトを歩く。

④坂東市や野田市の公園に遊びに行く。


という答えでした。

みんな涙ぐましい努力と情報収集でこの苦難を乗り越えようとしています。

茨城県はホットスポットの場所もありますが、つくば山の影響なのか県西部=坂東市・境町・古河市など=は比較的放射線量が低いのです。

そして千葉県野田市も放射線量が低いのです。
これらは守谷から車で15分~1時間程度で行ける場所です。

守谷市内の公園の放射線量が高くて子どもを遊ばせるのが心配な方は、放射線量の低い公園でお子さんを遊ばせているか、除染済み公園で遊ばせているようです。

ぜひ線量の低い公園を活用して子どもたちを思う存分外遊びさせてあげたいですね。

茨城県内で形成されつつあるネットワークの中で「放射線量が低い公園情報」をいただきましたのでアップいたします。

低い・・・とはどのくらいの数値なのか・・・
守谷市より低ければOKの方もいれば0.1マイクロシーベルト未満が希望の方もいるでしょう。

紹介した施設の中には0.1マイクロシーベルトを超えている施設もありますので、HPをご覧になって各人がご判断ください。


これからも線量の低い公園情報はアップしていく予定です。

①千葉県野田市 清水公園

②茨城県坂東市 県立子ども博物館

③茨城県常総市 あすなろの里

④筑西市 県西総合公園


県内団体の情報より~~「筑西市 県西総合公園の測定結果です。すべて、地下づけで測定しました。堀場製作所RADIにて測定。」(単位はマイクロシーベルトです。)

    駐車場 0.107
    
    植え込み土の上 0.096
    
    ベンチ上 0.078

    ベンチ下 0.123

    小さい滑り台下0.088

    小さい滑り台上0.079

    ローラー滑り台階段下0.086

    つきやま芝生上 0.077

    遊具上 0.052

    公園の隅(落ち葉上)0.101

    滑り台着地下0.077

    ターザン下(石混じりの土)0.087

    砂場0.09

    植え込み落ち葉上 0.123

貴重な情報ありがとうございます


RaRa

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 松戸の計画案

mmさん
いつも情報ありがとうございます。
松戸の計画案、すっきりしていて、優先順位やスケジュールもわかりやすかったのですが、どうしたのでしょうね? 気になります・・・

松戸の計画案

松戸市のHPから、「松戸市除染実施計画(案)(概要版)」は既に削除されていました。
参考に、どのような内容になっているか見られたい方は、↓のサイトでキャプチャされていますので見れますヨ。

http://blog.goo.ne.jp/utuno_jcp/e/d6df7298d9ece98d032bf0d57d01f624
松戸市で子供たちのために頑張っていらっしゃる議員さんのブログです。

Re: 除染

mmさん

いつも情報提供ありがとうございます!
松戸の計画は、優先順位とスケジュールがはっきりしていてわかりやすいと思いました。
近所でのびのび外遊びができる環境を早く取り戻したいですね。

除染

せっかく0.23μSV/h 以上の地区は国の費用で除染してくれるとのことですから、
0.23以上の汚染土地は全て除染するというふうに決める方がシンプルではないでしょうか?
そうしてくれるものと住民も期待しているのだと思います。 

松戸市は、市全体で0.23μSV/h以上のところを全部除染したいと考えていらっしゃるようです。 正しいことをするときには必ず難題にぶつかりますが、諦めず乗り越えろうとする努力やその考え方・姿勢が大事かと思います。 松戸は、子供のいる家庭を優先して個人宅も除染の計画予定になっています。

千葉と茨城南部の汚染エリアは隣接しているので、このエリア全体がきれいになると安心して暮らせると思います。 子供たちが、近所でのびのびと外遊びできる日々が早く来ますよう願ってます。

http://www.city.matsudo.chiba.jp/var/rev0/0014/9234/keikakuangaiyou.pdf
松戸市除染実施計画(案)(概要版)
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。