スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<協力企画>そよかぜ公園と通学路放射線量測定無事終了しました。

10月24日(月)10:30より計測が開始となりました。
集まったのはなんと30名くらいの多くの方が来てくださいました。

今回は3つの団体の協力コラボです。
常総生協さんは組合員さんにチラシを配布し告知。
そよかぜ子ども会は回覧板にて告知。
@守谷はブログとツイッターで告知。
今回は第1回ということで全守谷市議会議員さんへ郵送にて告知。

30名の方たちはいろんな世代の方で、こういうのいいなって思いました。
子どもを守るのは親だけじゃない、いろんな世代の人たちが協力しなければ守れない。
そういう<気持ち><思い>を感じました。

参加くださった議員さん
市川和代議員・佐藤弘子議員・高木和志議員・高梨恭子議員・山崎裕子議員(五十音順)の5名でした。
お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

20111024_EOS_094.jpg


CIMG3164.jpg


計測方法は0cm・50cm・1mそれぞれ30秒間計測し表示された数値の中で一番数値の高いものを表に記入。
その際地図にも表と同じ番号を記入します。

雨水のたまるところはやっぱり高いです。
高かったのは通学路のど真ん中!!なんと2.2マイクロsv/hありました。
計測した時に「ええ~~!!」と驚きの声が。

いろいろお話しながらの計測で印象深かったことをひとつ。
60過ぎた男性の方が「俺はもう現役をリタイヤしてるし、放射能も気にしてない。だから福島の線量の高い所にもボランティアで行ってるんだ。守谷の市役所にもなんかできることないかって言いに行ったんだけど、返事がもらえなくてさ。子どものためにできることないかって思ってる。」と感動的な言葉をかけてくださる方も。

国の「安全宣言」が原因と思われる、放射能にあんまり実害がないと言われる年配の方との温度差を感じていたので、こういう方がいることがとてもうれしかったし、そういう方と協力していけたらいいのにと思いました。子どもを守りたいと思っている方は多いよね。

ではでは松ヶ丘1丁目通学路とそよかぜ公園の1マイクロsv/h以上を発表します。
下の部分をクリックしてください。

そよかぜ公園 地図


そよかぜ公園 線量表1


そよかぜ公園 線量計2


通学路 地図1


通学路 地図2


通学路 線量表

※pdfで見られない!という声をtwitterでいただいたので、エクセルでもアップしてみました。
松1通学路
そよかぜ公園

守谷市は積極的に除染活動を始めるようで、市役所に情報を提供しました。1μsv/h以上は除染をしてくださるそうです。
そよかぜ公園については、今回の計測より以前に、個人で測って地図にまとめてくださった市民の方もいます。
見やすい地図に清書してくださってくださっているのでこちらもお勧めです。
今回の計測でも大いに参考にさせていただきました。

情報をくださったgt mantisさんのブログ「守谷市放射線マップ(固っ!)」のそよかぜ公園汚染マップとPDF計測結果をご覧ください。


そよかぜ公園マップ gt mantiさん提供


★一番高い所は4.49マイクロsv/hです。
ここは雨のたびに水が集まって池になるところです。今回の計測でも2.41マイクロsv/hでした。
→市の方では業者委託で除染予定。除染までに時間がかかる場合は立ち入り禁止措置をしてくださることになりました。
→立入禁止になってました。
IMG_5867.jpg


IMG_5868.jpg


★公園外側溝は1.69・1.10・1.06マイクロsv/hとほぼ1マイクロsv/hを超えています。
→守谷市で数日前に土の除去済みです。


除染後再計測しまして2箇所は0.5マイクロsv/hに下がっていましたが、1か所1.87マイクロsv/hに上昇していました。
これは広範囲の土を除去しましたが、落ち葉が側溝に落ちないようになっている金属の蓋の部分に詰まった土が高いようです。
後日市に伝えようと思います。

→11月10日(木)守谷市建設課が土を除去してくださいました。

我孫子市は側溝を高圧洗浄とバキュームカーで除染したとか。
守谷市もぜひ参考にしてほしいと思います。

除染前  土がいっぱい。
CIMG3186.jpg

除染後  土は減ってます。でも詰まった土の線量が高い。。。
IMG_5864.jpg



★通学路そよかぜ公園近く2.2マイクロsv/hは公園除染と一緒に除染予定。
→11月10日(木)守谷市建設課が土の除去をしてくれました。


IMG_5866.jpg


★松ヶ丘小学校近くの通学路1.8マイクロsv/hは市と松ヶ丘小学校に連絡しました。現在連絡待ちです。



<今、守谷市で子どもを守るためにできること>

・水のたまるところ、側溝は1マイクロはどこも超えていると思って近づかない。

・風通しの良い所で遊ぶ。

・1マイクロsv/hを超えている場所を発見した場合は守谷市生活環境課に通報する。できたら地図付きで。



先日の放射線災害対策委員会で公園砂場の土の入れ替えなど放射能対策を積極的にやっていくことになったようです。
時間はかかりそうです。
ボランティアも視野にいれつつ、除染は危険を伴うので安全対策にも気を使いながら、除染してほしいと思います。


コメントの投稿

非公開コメント

Re: 高いですね

onopさん

高いところがありますし、そうでないところも基本高いですね。
守谷に住んでいると自分の基準値が上がってしまいますが、0.2は他地域と比べて高いんですよね。

どこで遊んでいいのか、ちいさなお子さんを持つ親御さんは悩まれていると思います。
ひとつの公園でいいから徹底的に除染してほしいですね。

高いですね

拝見しました。当日は参加できませんでしたが、こうやって発表していただいてとても参考になります。

分かっていたつもりですが、こうして高い数値を見ると、改めてがっかりしてしまいます。まだまだ子供たちを自由に遊ばせて上げられる場所がありませんが、少しずつ前進したいですね。

学校もまだ高い箇所がありそうな気がします。積極的に高い場所を探して、どんどん除染してもらいたいものです。


プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。