スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「市長との対話」に申し込みました。

守谷市民の方はご存知ですか?
申し込むと守谷市長と直接お話しできることを。


市長との対話


私も@もりやの仲間から聞くまで、そんなすばらしいものがあることを知りませんでした。

そんなわけで私たちの気持ちを聞いていただく、そして守谷市の考えを直接伺いたいと思いまして申し込みました。


私たちは守谷市が小学校や幼稚園・保育園の除染を実行し茨城県をひっぱってくださっていることにまず感謝するとともに、これからも「手綱(たづな)を緩めることなく」放射能と向き合っていってほしいとお願いしようと思っています。


そこで
① 給食についてのアイディア、ご意見
② 公園・中学校・高校などの除染についてのアイディア、ご意見
③ その他ご意見

など、

このブログおよび茶話会(10日と16日に開催!@高野公民館 詳細はこちら)で意見を集めて、
市民の声として市長にお伝えできればと思っています。
この記事のコメントへの書き込み、茶話会のご参加(当日参加でOK)、お待ちしています。
コメントへの書き込みの〆切は9月15日(木)とさせていただきます。



【参考】
~食材測定の方法の例~
・事前に測る:①食材ごとに調理前に測定。時間の関係で数品目が限度?
       ※龍ケ崎市の例             
     
      :②一日の食材をまとめてミキサーにかけ検査する。
       時間短縮にはなるけれど検出されたときに汚染食材が直ちに特定できない。
       ※渋谷区の例(その日の材料のうち野菜をまとめて)     


・事後に測る:③隠膳法。1人分多めに作って、まとめてミキサーにかけて検査する。
       その日の給食のベクレル数をまとめて知ることはできる。
       但し数値が出たときにはおそらく既に食後なので、
       事後的な状況把握のみで汚染された食材を回避することにはつながらない。

~除染についてのアイデアの例~
・市が線量を測定したあと市広報・ホームページ・回覧板にて除染日を告知し、市や県の指導のもと市民のボランティアを活用し除染作業を行う。廃土については市が管理する。


【重要参考情報】

平成23年8月26日付で国の原子力災害対策本部より出された

「除染に関する緊急実施基本方針」


「市町村による除染実施ガイドライン」



守谷市は今まで国の指示がないことに本当に困っていたようなので、良かったですね。
国も本格的に除染に取り組むことになったし、守谷市もこれからより積極的に除染作業ができることになったんだ~とうれしい気持ちになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 公園の除染について

藤堂+(CGrabdToudou)さん

ご意見ありがとうございます。
ホームページの口コミ広場にも書き込みいただきありがとうございます。
松戸の情報はそのまま息子の小学校PTA本部役員さんに添付してメールしました。
写真付きで大変わかりやすかったです。

公園の除染アイディア、市民の情報として市長に伝えます。
これからもどしどしご意見ください。

RaRa(ブログ班)

幼稚園、小学校の除染本当に良かったです。
守谷市で子育てできると希望がもてました。
ただ、守谷市全体の除染は本当に大変なことだと思います。
家の前の道路は水で流したり、側溝掃除など町内会ぐるみで市民も除染活動
に参加してもいいのではと思います。
きっと喜んで参加する方も沢山いると思います。
それと、落ち葉や枝などを燃やしているお宅がありますが、汚染がひろがります。
チェルノブイリでも汚染された薪を燃やすことは禁止されていたそうです。
市からも危険性を伝えて頂きたいです。
どこの市よりも早く除染を進め、住みやすい守谷を市民も協力して作っていけるといいですね。

公園の除染について

いつも活動ご苦労様です。

公園の除染について提案します。
公園の除染には財源がないということで見送られているようですが、
守谷市の公園は里親制度といって、各町内会が管理しているはずです。
そして、町内会には過去の会費を蓄えて膨らんだ繰越金があるはずです。
うちの町内会は結構な額になっています。
全ての町内会で同じ状況かは分かりませんが、それを財源にして
市による除染(盛土でなく表土除去)を実施してもらうのはどうでしょうか?


プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。