スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンク集:自治体による食品放射能測定ニュース

ここ数日、
自治体による食品放射能測定ニュースが増えてきたので、
目についたものをまとめてみました
守谷市にもぜひ参考にしてやってほしいですね

他にもご存知のところがあったらコメントで教えていただけると嬉しいです。
(ご返信ちょっとお時間頂きますがご了承ください)

ミッフィー



■■自治体による食品放射能測定ニュース■■

<県内>


●河内町
「農作物、出荷前に検査 食品放射能測定機器 河内町が運用開始」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20110803/CK2011080302000062.html
「河内町 農畜産物の安全アピール 」
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000001108200001
対象:出荷前農産物。※町村の農産物の放射能検査は県内で初めて。
機械:町が総額約五百万円で購入し、検査する担当職員を養成してきた。機器は十分間でキロ当たり三〇ベクレル以上の放射能を測定できる。
やり方:町は測定機器を三セク本社に置いて、学校給食の食材、町内産や三セク直売所に持ち込まれる農産物の検査を無料で行う方針だ。野菜、肉、牛乳、土などに含まれるセシウムとヨウ素を約10分で測定する。

●つくば市
「学校除染支援で洗浄機貸与 つくば市、食品測定器も購入」
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13136737863470
対象:市内の生産農家が持ち込んだ食材のほか、学校給食で使う食材については納品前に産地から取り寄せてサンプリング調査を行う。市民が家庭菜園で栽培した野菜なども検査できる。
機械:放射性物質を生産者や一般市民が検査できるよう高精度の測定器を9月下旬ごろに購入
やり方:納入され次第、市役所内に設置して検査を始める方針。

●牛久市
「給食食材を検査 来月から市内産、不安解消図る」
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13137595674843
対象:学校給食に使用される市内産の食材について
機械:検査に使用する簡易型の食品放射能測定器を1台購入。
やり方:学校給食の食材に使用される市内産の農産物を市保健センターに持ち込み、放射性ヨウ素や放射性セシウムの有無を調べる。放射性物質が国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超えた場合は、民間会社に再検査を依頼する。
結果公表:各学校に伝える方針。市民に対しては、市のホームページやメールマガジンなどでの公表も検討中

●龍ケ崎市
「除染指標0・33マイクロシーベルトに 龍ケ崎市、放射線対応策決める」
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13137583466599
対象:学校、保育所給食の食材
機械:放射線測定器を導入
やり方:学校、保育所給食の食材を前日に測定する。保育所給食は22日以降、学校給食は9月初旬から測定を始める予定。


<県外>


●福島県白河市
「東日本大震災:給食の安全確保へ 白河市が25日から、食材の放射能測定 /福島」
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110804ddlk07040092000c.html
「15歳未満と妊婦に線量計、白河市が配布へ」(給食にも言及)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110802-OYT1T00181.htm
対象:毎日200種類程度の食材を使っており、時間的な制約から検査できるのは32種類程度という。暫定規制値を下回っていても、1キロ当たり30ベクレルを超える放射性物質が出た場合、その食材は使用しない方針。
機械:放射性ヨウ素、同セシウムを検出できる機器を2台導入
やり方:市内2カ所の学校給食センターに配置する。センターで調理する小中学校14校と1幼稚園、自校で調理している9校、2幼稚園、7保育所の計33カ所の給食で使う肉や野菜などの食材を検査する。2学期始業時から。校内に調理室のある小中学校9校で使う食材も同センターに持ち込んで測定する。
予算:3件の放射線対策事業を含む計5億2594万円の補正予算を専決処分した。

●千葉県流山市
「小中学校で除染本格化 洗浄車で放射線量低減」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110818/CK2011081802000049.html?ref=rank
対象:市内産の農作物、市内の保育所と小中学校の給食用食材
機械:今月に入って新たに導入した簡易型放射性物質分析機器

●大阪府
「食品の放射性物質検査を開始」
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001108200003
対象:政府が出荷制限を指示した地域の農産物や魚、府内の食肉処理業者が保管している牛肉
   今後、対象品目は産地や府内の流通量を踏まえて決める
機械:自前の検出器を購入
結果公表:検査結果は府のホームページで公表

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。