スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請願の文章(最終版)

こちらが、署名と一緒に提出した請願書最終版です。
1_convert_20110608144442.jpg

2_convert_20110608144537.jpg

提出当日に議会事務局から
議会で取り上げるのにふさわしい文章ということでご指摘をいただき、
請願を受理してもらうために、項目の順番を入れ変えたり言い回しを変更したりしました。
言い回しは変更しましたが、一か所を除いて基本的に内容を変えたつもりはありません。

その一か所、
「常総環境センターの排ガス・焼却灰の放射線量測定」に関する部分は、
管轄が”守谷市”ではなく、
”守谷市含めた4市による常総地方広域市町村圏事務組合”で、
守谷市に請願されても市では対処しようがない、と言われたので、
この件に関しては、別途要望書等を考えることにして、
今回の請願には盛り込まないことにしました。

はじめての請願で慣れない点が多く、
事後報告になってしまったこと、お詫び申し上げます。

提出した請願書の全文は下記の通りです。
-----
平成23年6月6日
「子ども達を放射線から守る対策を求める」請願書

(請願の趣旨)
今なお収束していない東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の拡散による被曝から未来を担う子どもたちを守るために、下記の項目について、守谷市が積極的に取り組むことを強く要望します。
                     


1.放射線に対し感受性が強い子どもに対しては、一般人平常時許容量の「年間1ミリシーベルト」に可能な限り近づけるために教育現場等(幼稚園・保育所も含む)での具体的で有効な対策を早急に実施してください。

①市民が参加できる放射線対策検討会の設置
②汚染土が確認された場合は、土の表土を削り取る等の対策を講じること(砂場も含む)
③給食食材を厳選し、子どもには放射能によるリスクの無いものを選ぶこと(情報開示)
④屋外活動(体育の授業、水泳、運動会、部活動等)における、周辺環境の定期的な放射線量測定と公表
⑤室内の清掃強化・グラウンドの水撒き・土埃飛散防止(付着した放射性物質による内部被曝を防止)
⑥年間を通じての水筒持参の許可
⑦帽子・マスクの推奨
⑧エアコンの設置(太陽光発電及び自家発電装置等による発電)
⑨各学校へ測定器を配布し、敷地内各所の日常的な測定と結果の公表 
⑩子どもが集まる公園・公共施設等も測定し(特に、雨水の流路、側溝、吹き溜まり、くぼみ、敷地の隅など、放射性物質がたまりやすいとされる場所を重点的に計測)、速やかに公表すること
⑪公共施設等敷地内において、高い測定値を示す場所には注意を促す看板設置等をし、周知を図ること
⑫有志を募り、ホールボディーカウンタで被曝量を測定すること

2.放射線による健康被害は被曝から数年を経て現れることから、一度きりの対策にとどめず被害の発生を敏感に察知する努力をし、新たな知見が得られたらより安全につながるよう随時対策してください。

(請願の理由)
日頃より市民の安心・安全な生活向上のためにご配慮をいただきありがとうございます。
このたびの東京電力福島第一原子力発電所事故により、茨城県も残念ながら見えない被災をしました。
・5/11県内全域で行ったモニタリングの結果では、2番目に高い放射線量率が測定され驚かされました。これは福島県いわき市とほぼ同様の値です。
・ドイツやフランス等で公開されているシミュレーションをみると、この地域、特に3月15日・16日にかなり高い放射線物質が飛散したようです。
・震災後の国立がん研究センターの測定では、たびたび放射線管理区域並みの値を超え、記録されている放射線値を累計していくと、3月16日からすでに年間の被曝許容基準の1ミリシーベルトを超えています。
・更に5/24、6/1実施、市内各地での放射線量率測定では、0.2~0.6マイクロシーベルト/時というとても高い値が観測され、日をかえても値は下がっていません。自宅付近をガイガーカウンターで計測してみましたが、警告音(0.3~)が鳴りっぱなしでした。雨水の出口での計測では5.39マイクロシーベルト/時の値もでました。
しかも、これに内部被曝分が加わるので非常に高い線量の被曝をしている、またしていくと考えられます。
小さい子どもほど放射能に対する感受性は高く影響は大きくなると言われており、幼い子どもを持つ親をはじめとする市民はとても心配しています。
学校内において年間1ミリシーベルトの目標になったとはいえ、上記のとおり、守谷市では既に年間1ミリシーベルトは超えていると考えます。地震直後の放射線量や学校以外の場所等の累積が考慮されていません。内部被曝の合算もやはりありません。今も福島第一原発からは毎時兆ベクレル単位の放射性物質が空や海に放出され続けています。
子ども達がきわめて高い被曝にさらされることとなる政府の方針では子どもを守ることができず、守谷市独自の対策を早急にし、無策のまま危険にさらすことによる被害を、ここで知恵を絞って避けなくてはなりません。この段階での速やかな対策が一番重要と考えます。
守谷市は、総合計画でも「子どもが安心して生まれ育つ環境づくり」を掲げているまちです。原子力発電所事故を受けて、今その“子どもの安心”が問われています。守谷市が市民の健康と安全を守るという責務をぜひ果たしてくださるよう強く要望します。

------
以上

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

園児の将来が心配の親さん、こんにちは。
久し振りに嬉しいNEWSです!この結果を、守谷市や先生方はどう受け止めるのでしょうか?私ももう一度、お願いしてきます。何度でも、お願いしてきます!

Re: タイトルなし

りんごさん、こんにちは。こんなに効果が出るなら、一刻も早く市に動いてもらいたいですよね!そのためには、やはり市民の声が大きいです。一緒に、伝えていきましょうね!

M保育園よかったですね 放射能はなくならないので早急に土をけずるか入れ替える方法
がいいですね 他の学校も見習うべきです
先日のビートタケシの番組で年間5ミリはチェルノブイリでは強制退去だと言っていました
デモ行進でもしなければ動いてもらえないのでしょうか?
守谷のお母さん達がんばりましょうね!

GOOD NEW !!!!!!
6/8の守谷市の測定で、
M保育園が土の入れ替えですごい結果が!!!
やっぱり効果があるんですね。
他の幼稚園も続いて欲しいです。
私も自分の幼稚園への働きかけのよい材料をいただきました!!!
がんばりましょう。
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。