スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月4日放射線災害対策特別委員会(第3回)傍聴しました

ご注意!
傍聴メモの内容は2011年8月4日時点のものです。
その後状況が進んで変更になっている部分も出てくると思います。
また、注意してメモを取ったとはいえ聞き間違い等もあるかもしれません。
関心のある方・詳しく知りたい方は市役所に直接お問い合わせくださいね!

また、守谷市の小学校除染については、8月8日現在の情報として
NHKオンライン「守谷市 全小学校で校庭除染へ」
http://www.nhk.or.jp/mito/lnews/1074721941.html
以下、一部引用
「守谷市は原発事故のあと、県内で比較的高い放射線量が観測されていることから、今月中に市内のすべての公立小学校で校庭の土の入れ替えを行うことを決めました。」
「守谷市によりますと自治体がすべての公立小学校を対象に土の入れ替えを行うのは県内で初めてだということで、およそ4000万円の費用を見込んでいます。また、市内の私立小学校1校に対しても土の入れ替えの費用を補助する方針だということです。」
「守谷市では幼稚園などすべての幼児施設に対して土の入れ替え作業の費用を補助することをすでに決めています。」





8月4日10時より開催されました放射線災害対策特別委員会(第3回)を傍聴しました。

http://www.city.moriya.ibaraki.jp/gikai/

農業関連の話など市内放射線対策の話もたくさんありましたが、今回は子ども関連のみアップします。
録音したわけではなく、委員会後実務の中で変更もあると思いますことご了承ください。
また、詳しいことは市役所にお問い合わせください。

①北園保育所の盛り土・除染作業報告
かかった費用約50万円。
幼稚園、保育園はすでに各園で業者と話し合いなど進行しているため、市の補助という形でお金を支給する。

②市内小学校グランド除染にについて
・市長は夏休み中にやりたいと言っている。
・松前小を実験したが表土を削るとガラが出てきてしまう。
・今日ガラが出ないと予測される高野小を削る実験をしている。
・各小学校で地盤の状況が違うため一律に同じ方法で除染作業できない。
・学校によって削る、盛る、の判断をする。
・小学校は北園保育所の10倍の面積でPTAの協力を得ないとできないと思う。
 奉仕作業中に土を持って行く方法も検討している。
・夏休み中で平日に作業する学校もありPTAの協力がどこまで得られるかは不明。
・小学校予算1校300万円。10校(私立1校)、保育園、幼稚園すべてで4000~5000万円の補正予算を予定している。

③市の広報へは8月25日より放射能関連は掲載する。

④線量計測機について
8月12日に3台新しい計測機が入るので、それを使って小学校・中が公の計測を細かく行っていく。
汚染マップについて作ってほしいとの質問があったが、今のところ考えていない。

⑤食物の計測について
龍ヶ崎市などでは機械を購入して生産者が安全を確認するために使用することになった。

⑥通学路、公園、側溝の除染活動
公園110箇所、側溝28.4キロ、これらを除染するのはかなりの労力で今のところ考えていない。




<以下、8月10日18:39追加事項>
放射線災害対策特別委員会(第3回)配布資料
(北園保育所の園庭の除染の結果が詳しく載っています!)
配布資料3頁目の地図

また、放射線災害対策特別委員会(第3回)について、
高梨恭子市議も、
委員ではないにもかかわらず傍聴した結果をブログにアップしてくださっています
http://kkyoko.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-95b8.html
7日のわかば幼稚園の除染結果についても記事を書かれています。
http://kkyoko.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-24e4.html

---
RaRa&ミッフィー(ブログ班)

コメントの投稿

非公開コメント

せっかくなのでご説明:口コミ広場のこと

もともとの仕様でしかたないのですが、
ブログのコメント欄は、
ブログの記事をひらいたあとに「コメント」をクリックしないと見えないので、
見過ごされてしまうこともあるかと思うんです。

これから守谷市内のあちこちで、実際に除染の動きがはじまって、
どこでどんな除染があるか/あったか、どうやればより効果的か、
情報を共有していくことはとても大切なのではないかと思いました。
これから除染ボランティアを募集…という話になってくると、
そういう情報もほしいですよね。

というわけで、
ブログのコメント欄よりもわかりやすく情報共有できる場がほしいと思って
HP班がオープンさせた「園・学校の除染情報 口コミ広場」、
守谷市の除染にご活用ください!

★口コミ広場 入り口
http://members3.jcom.home.ne.jp/forchildren/guestbookiriguchi.html

以上ちょこっと宣伝、しつれいいたしました。

Re: タイトルなし

れんさん

こんにちは、いつも見てくださってありがとうございます。
まつやまの件は、私も気にはなっているのですが・・・
今のところ、情報を入手できないでいます。

もし、れんさんがどこかで情報わかったら教えていただけるとうれしいです。
(口コミ広場も使ってくださいね)

Re: タイトルなし

KMさん

ほんとうによかったですよね。
そして、これからもがんばらないと、ですね。
守谷市全体で力を合わせなくては、ほんとうにそうだと思います。

先ほどのTMさんへの返信でもご紹介しましたが、
「園・学校の除染情報 口コミ広場」も、ご活用くださいね。
(ボランティアの件で市役所へのメールのご返信があったらぜひ教えてください!)

★口コミ広場 入り口
http://members3.jcom.home.ne.jp/forchildren/guestbookiriguchi.html


Re: まずは評価出来る最初の一歩ですね

TMさん

そうですね、ほんとうに貴重な最初の一歩だと思います。
守谷市のあちこちで、いろんな人がそれぞれの立場で、がんばってくださった成果ですね。
きちんと除染できるよう、市民が見守る&ボランティア、
これからがんばっていきたいですね。

ボランティア情報、保護者以外の市民にもわかるようにしてほしいと、私も思います。
(うちも子どもはまだ未修園児なので・・・)
あと、除染活動の情報共有に役立てればと、
「園・学校の除染情報 口コミ広場」を作ったので、ぜひ活用お願いします!

★口コミ広場 入り口
http://members3.jcom.home.ne.jp/forchildren/guestbookiriguchi.html

ブログ更新ありがとうございます。

補助が出るという事は、まつやまにも補助が確定したのでしょうか。
先行してやったからという理由で補助が出ないという事はないですよね???

タイトルなし

@守谷の皆様、ブログの更新ありがとうございます。お忙しい中、議会の傍聴もありがとうございました。最近、市での動きがないようにみえたので今朝除せんのニュースを見て涙が出ました(泣)

やっと私達の声、思いが届いたのだと。しかし、経過もみていかないとですね。

TM様のおっしゃる通り、ボランティアは守谷市民に配布した方がいいと思います。小さな子供がいらっしゃらない年配の方や自分の子供の学校は行けなくても、他の学校はお手伝いできる。などありますしね。
必ずしも子供の通ってる学校の保護者でなくてもここは守谷市全体で力を合わせなくてはと思います。
広報に大々的に載せなくてはです。(市役所にメールしてみます)

費用もどんどん東電に請求すればいいと思います。受け入れるかは別としてもこのような事態は、東電の責任です。もっともっと声をあげてもいいと思います。

まずは評価出来る最初の一歩ですね

小学校の表土対策。まずは最初の一歩という事で、素晴らしいですね。
国に要望提出して気が済んでそうな辺りではどうしようかと思いましたが、現在の市議会に対して大変評価出来る内容と思います。
あとは前も書きましたが、カス業者が300万せしめて帰らないようにするのを注意深く見守らないと。ですね。
カス業者の名前は公表すべきですよ。また出てくるかもしれないですから・・・。


まずは一つずつ。


ボランティア参加なのですが、
PTA経由以外にも
いつ・何時
にやるのか具体的に知る手段が欲しいです。
PTA経由じゃ学校部外者一般ピープルにはさっぱり分かりませんので・・・。

部外者でも、除染活動における知識や経験は、
持ち帰った時にきっと役に立つ情報ですから、
(回数を重ねるごとに、より効率化を追求した動作が可能になる。などなど。)
可能ならば除染活動に参加したいです。


ちなみにこの補正予算は全額、『当然。』東電に賠償請求するんですよね。
政府・東電の失態ですし、本来気にする事すら無かった事を強いているわけですから、
賠償請求を市議会に強く勧めたいです。
守谷市だけの予算では限界ある事も、賠償で回収出来るならばその縛りは突破出来ますから。
#といっても守谷が東電に対してどれだけ利害関係があるのか分かりませんが。
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。