スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月14日・@守谷の要望書を提出してきました!

「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」では、
「守谷市に子どもを守るための具体的な放射線対策の早急な実施を求める要望書」を、
7月14日に提出しました。

宛名は市長と守谷市議会です。

要望書の内容はこちらです。

要望の項目は
-----
1.教育現場等(幼稚園・保育所も含む)の園庭・校庭の表土の除去と砂場の入れ替え
○直ちに除去が困難な場合は、
・線量を細かく調査し、敷地内のホットスポットエリアから除染をしてください
・2学期以降普段の屋外活動の時間の制限あるいは屋内活動への変更
・運動会(本番および練習)等の屋外行事を延期または中止の検討

2.市独自の検査によって毎日の給食(幼稚園・保育所も含む)の食材の安全性を確認し、放射性物質が不検出の食材を用いるよう、準備を整えること
○不検出の食材の入手が困難な場合は、
・西日本方面の食材選択
・検査結果を毎日公表し、食べるかどうかの決定を保護者に委ねること

3.子どもたちが長く過ごす公園・通学路・児童センター等の除染(表土・砂場含む)
 ○直ちに除去が困難な場合は、
・線量を細かく調査し、敷地内のホットスポットエリアから除染をしてください
    事例調査7月4日「けやき台公園(添付資料)」
(放射線量の高い所:落ち葉溜、吹き溜まり、トイレの裏、側溝、等)

-----

要望書には、別途、

常総生協さん提供の事例調査7月4日「けやき台公園」(※2種類(1)(2)
@守谷作成の別冊参考資料

も添付しました。

DSCF8404_convert.jpg


いま「子どもの未来を考える会 守谷」さんが
校庭園庭の表土を削る趣旨の要望書で署名活動をされていて、
@守谷でもリンクでご紹介しています。

実は@守谷でも、当初今回提出の要望書で署名活動を考えていました。

しかし準備の過程で「子どもの未来を考える会 守谷」さんに出会い、
そちらで新聞折込などの準備も万端整っていたので、
今回はその活動をご紹介して、@守谷としては署名活動を行わないことにしました。

似たような内容の署名活動が2つ重なって、
守谷市で放射線対策を望む市民が仲間割れしていると誤解されて、
対策が遅れてしまうのは避けたほうがいいと思ったからです。

一方、校庭園庭以外の公園等の除染や給食の話も気になっていたし、
また先に@守谷で提出した請願の趣旨採択の趣旨を汲んで、
なるべく早く具体的に動いてほしいという願いはもちろん、強く、ありました。

それは請願に署名した子どもを心配するみなさんの
切実な気持ちでもあったと思います。

そこで、署名活動でたくさんの市民の声をまとめて届けるのは
「子どもの未来を考える会 守谷」さんの活動をご紹介して協力することにして、

私たちは、署名を集めない代わりに、
7月15日の特別委員会に間に合うように、
前日14日に市長(秘書課)と市議会(事務局)に
「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」としての要望書を提出した、というわけです。

市長宛の要望書は請願と異なり、出した後の扱いに特にルールはありません。
採択・不採択がはっきり出されることもなく、
どのように扱われるかは本当に市次第です。
(もちろん市民の声なので、無視されることはないと信じたいですね!)

市議会では、議長の判断で、
参考資料として、議員に配布されることもあります。
今回の要望書と別冊資料は、議員全員に配布になりました。

ミッフィー(ブログ班)

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

kikiさん

応援ありがとうございます。
@守谷では、メンバー、サポーターを募集しています。
もしよければご参加ください。

尿検査については先日の茶話会でも話しにあがりました。
サンプル調査だけでも県や市でやってもらえないか、かじおか県議、守谷市市議にお願いしました。
福島の子どもたちは今検査していますので、守谷の子どもたちにもぜひお願いしたいです。

給食も産地で選ぶというよりは厳しい検査をして何ベクレルかわかったものを使うようお願いしたいと個人的には思っています。

少しずつ、伝えていきましょう。

いつもご苦労様です。何をすれば応援できているのかよく解らないので、
> 私なりに市や教育委員会に意見を投げたりしています。
> 7月20日に発表された、8月の食材についての市のコメント、
> 「市場に出回る食材は安全性が確認されたもの」には本当にがっかりしました。
> 汚染牛が出回った直後に…説得力ゼロですね。
>
> 今後の学校で行われる尿検査に、内部被ばくの検査を取り入れて欲しいと
> 要望するのはどうかと考えているのですが、皆さんどう思われますか?

いつもご苦労様です。何をすれば応援できているのかよく解らないので、
私なりに市や教育委員会に意見を投げたりしています。
7月20日に発表された、8月の食材についての市のコメント、
「市場に出回る食材は安全性が確認されたもの」には本当にがっかりしました。
汚染牛が出回った直後に…説得力ゼロですね。

今後の学校で行われる尿検査に、内部被ばくの検査を取り入れて欲しいと
要望するのはどうかと考えているのですが、皆さんどう思われますか?
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。