スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【〆切が9月23日に延長!】支援法パブコメ募集中

今週金曜日まで!
★9月13日追記★
パブコメ〆切が9月23日(月)までに延長になりました!

復興庁が作成した「子ども・被災者支援法」の「基本方針」について、
パブリックコメント(略してパブコメ)募集中です!!


パブリックコメント募集公式サイト(電子政府の総合窓口 イーガブ)
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=295130830&Mode=0
↑ページ下の意見提出フォームボタンをクリック

現在出されている基本方針の案では、
福島県中通り・浜通り(避難指示区域等を除く)が
支援対象地域とされています。
・守谷市を含めた、上記福島県地域以外のホットスポット地域への支援
・そうした地域から、自主避難した人・したい人への支援
については言及がありません。
(「準支援対象地域」を定めるとありますが、具体的な記述なし)

「この基本方針だけで十分な支援だと思われては困る!」
だったら、短くても、一言でも、パブコメに自分で意見を送るって大事だと、
@守谷は思います。
なので、メンバー各自、それぞれ書いているところです。

パブコメについて
守谷市のHPからもリンクが貼ってあります
https://www.city.moriya.ibaraki.jp/kinkyu/radiation/oshirase/hisaisyasienpabu.html

★9月10日追記★
9月9日に守谷市が提出したパブリックコメントの内容も、
上記URLで公開されています!!

「 被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針案において、「20ミリシーベルトを下回るが相当な線量が広がっていた地域においては、居住者等に特に強い健康不安が生じたと言え、地域の社会的・経済的一体性等も踏まえ、当該地域では、支援施策を網羅的に行うべきものと考えられる」と記載されている点、さらに法第1条において、「一定の基準以上の放射線量が計測される地域に居住し、又は居住していた者(中略)並びにこれらの者に準ずる者」両者を「被災者」と定義している点からも、「支援対象地域」、「準支援対象地域」と分けるべきではないと考える。
 また、法第1条に「当該放射性物質による放射線が人の健康に及ぼす危険について科学的に十分に解明されていない」とあるように、将来を担う子どもたちへの目に見えない危険を軽減するために追加被ばく線量が年間1ミリシーベルトを超える市町村は、汚染状況重点調査地域の指定を受けた上で、放射能汚染対策を進めてきた。汚染状況重点調査地域と支援対象地域が異なることは、国が進めてきた放射能汚染対策の一定の基準を根底から崩すことになるのではないかと考える。
 汚染状況重点調査地域の指定を受けた市町村では、子どもの健康に及ぼす危険が危惧されており、放射能汚染対策を進めてきた自治体としては、「支援対象地域」として、特に法第13条「放射線による健康への影響に関する調査、医療の提供等」の支援をいただきたい。」


守谷市は、常総広域3市(取手市・つくばみらい市・常総市)とともに、
・支援法が規定する支援対象地域に指定してほしい
・健康調査等の支援施策が講じられるよう、国に働きかけてほしい
と、茨城県に対し要望しています(上記HPより抜粋)。
→@守谷の過去記事はこちら:http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/blog-entry-126.html

守谷市議会でも、
「原発事故子ども・被災者支援法」に基づく適切な対応を求める意見書を
内閣総理大臣、復興大臣、環境大臣、文部科学大臣宛に提出しています。
また、国に働きかけてくれるよう、茨城県知事にも意見書を提出しています。
→@守谷の過去記事はこちら:http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/blog-entry-127.html

また、守谷市長が会長をつとめる茨城県市長会、町村会でも、
復興庁に対象地域指定を求めて要望書を提出しています。
→@守谷の過去記事はこちら:http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/blog-entry-125.html

守谷市はこの件に関してとてもがんばってくれているので、
守谷市民としても、パブコメ提出で応援したいな~と思います


----
★9月15日追記★
守谷市生活環境課より、9月13日時点での近隣の市町村等の提出状況を教えていただいたのでご紹介します!
【被災者支援法基本方針案の意見提出状況】
*提出団体
守谷市・守谷市議会・取手市・つくばみらい市・常総市・
茨城県市長会・茨城県町村会

市民団体への丁寧な情報提供にこの場を借りて御礼申し上げますm(..)m
----


パブコメについて、
こちらのママレボの記事もわかりやすかったのでご紹介↓
http://momsrevo.blogspot.jp/2013/08/no.html

★9月10日追記★
@守谷がお世話になっている常総生協もHPで呼びかけています↓
http://www.coop-joso.jp/public.html

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。