スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月12日締切!「エネルギー・環境 に関する選択肢」 パブリックコメント

「エネルギー・環境に関する選択肢」について、パブリックコメントを募集しています。

・・・パブリックコメントって何??

パブリックコメント(略してパブコメ)とは!
政府が「政令や省令等を決めようとする際に、あらかじめその案を公表し、広く国民の皆様から意見、情報を募集する手続」のことだそうです。

なので、誰でも、専門家じゃなくても、普通の人が、
「エネルギー・環境に関する選択肢」について、
政府に自分の意見を送ることができます←重要


詳細はこちら↓
「エネルギー・環境に関する選択肢 」に対する御意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf
ですが
↑・・・けっこう説明が長文&pdf見られない方用に、以下でポイントをまとめてみました。



はじめてのパブコメ~パブリックコメントを送ってみよう!~

■今回のパブコメの前提

(1)現行のエネルギー基本計画(2030年に向けて)
・2030年時点で原子力に電源の5割近くを依存(する予定だった)
・東京電力福島第一原子力発電所の事故発生
・原子力は安全であるという大前提が揺らぎ…エネルギー選択を白紙から見直し開始。
→詳しくはhttp://www.sentakushi.go.jp/intro/

(2)基本計画の見直し…考えられる3つのシナリオ

1.ゼロシナリオ(なるべく早期に原発比率ゼロ)
2.15シナリオ(2030年に原子力15%)
3.20~25シナリオ(2030年に原子力20-25%)

・2010年の状況は、化石燃料63%、原子力26%、再生可能エネルギー10%
→詳しくはhttp://www.sentakushi.go.jp/scenario/

以上の前提を踏まえどう思うか、
誰でも意見を送ることができます。

★締切:平成24年8月12日(日)18:00必着

■パブコメの送り方
*どう書いたらいいの??という方は、記事の最後の方のリンクもご覧くださいね。

(1)HPからの投稿
下記から入力・送信可能です。
https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html

(2)FAXを送信
送信先:03-6368-9460 
エネルギー・環境会議事務局
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント受付係

専用用紙はこちら↓
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702_1.pdf

pdfが見られない方も画像なら見られるかな?(クリックで拡大)
20120702_1.jpg

(3)郵送
郵送先:〒100-8779
東京都中央区銀座8丁目20-26
郵便事業株式会社銀座支店留
エネルギー・環境会議事務局
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント受付係

専用用紙はこちら↓
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702_2.pdf

画像(クリックで拡大)
20120702_2.jpg



・・・以上、オリジナルよりは短く(笑)、まとめてみました。

パブリックコメントって何?
どうやってかけばいいの?という疑問について、
環境保全団体WWFもわかりやすく説明するサイトを開設してます。

今こそアクション!「選択肢」パブリックコメントに参加しよう!
http://www.wwf.or.jp/campaign/2012pbc/

「選択肢」パブリック・コメントの書き方ガイド
http://www.wwf.or.jp/activities/2012/07/1076119.html
・「全く同じ文章でたくさん提出がされると、意見として数えてもらえない可能性がありますのでご注意下さい」とのことですが、文章に自信がなくてもこんな感じで書いていいんだ!という事例がたくさん載っていて励まされます。

その他詳細が気になる方は、
下記オリジナルの募集要項も直接ご確認くださいね。

「エネルギー・環境 に関する選択肢 」に対する
御意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。