スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌仲ひとみ監督映画「内部被爆を生き抜く」上映会報告

6月15日 金曜日に新守谷駅近くにあるスペイン料理コメドルにて
映画上映会を行いました。今回はチラシは配布せずに、ネットやクチコミだけの宣伝にも関わらず、10名の参加+小さなお子様1名が参加してくださいました。
改めて参加されたみなさまにお礼を申し上げます。

上映会終了後には自然と拍手がおきました。
この拍手は福島で頑張っていらっしゃる方たちへのエールと、私達が、自分や家族を守るることができるよう穏やかに力強く背中を押して下さる監督や先生たちへの感謝の気持ちではないかと思います。
内部被爆は福島だけの問題ではなく、私たちの生活も脅かしていますが、
肥田先生がおっしゃるように、「体に悪いことは一切しないこと。それが被爆から身を守る方法、それしかない。」
結局は、自分を守るためには、自分自身を強くすること。今までの生活を見直していく必要があると考えさせられました。

上映会後は茶話会です。
神戸からの差し入れの甘夏や小絹の「ヌクモリパンヤ」さんの美味しいパンをいただきながら、自己紹介や内部被爆から身を守るために実践していることなどを情報を共有しましたが、今回参加された皆さんは、意識の高いかたばかりで、すでに様々な方法で実践されているようでした。

1000.jpg


内部被爆は外部被爆よりも大きな被害をもたらすとも言われています。
ぜひこの映画を沢山の方に見て欲しいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。