スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会「チェルノブイリから学ぶ内部被ばくと健康影響」@取手

とりで生活者ネットワークより御案内です!
講演後、続けて、茨城県内の学校検診市民調査報告をし、質疑応答、
講演会終了後の16時半から、希望者のみですが、先生を囲んで懇談も行う予定だそうです。

原発の危険から子どもを守る北陸医師の会、
小児科医の吉田均先生講演会
「チェルノブイリから学ぶ内部被ばくと健康影響」


日時:7月14日(日)13:30~(受付13:00)
場所:取手市福祉交流センター
資料代:500円

事故から27年が経過したチェルノブイリから、
内部被ばくと健康影響について学びます。
講演後、市民調査報告も行います。
フクシマ事故から2年以上が経ちました。
子どもたちのために、未来のために何をすべきか、ともに考えましょう。

とりで生活者ネットワークのホームページはこちら↓
http://www016.upp.so-net.ne.jp/toride-s-net/osirase.html#20130714yoshida
チラシはこちら↓(託児情報あり)
http://www016.upp.so-net.ne.jp/toride-s-net/20130714yoshida.pdf

スポンサーサイト

野呂美加さんお話会「小児甲状腺がん・予防のためのスクリーニング~ベラルーシの現場報告~」

超!緊急企画ですっ!
守谷に集まれ~当日お手伝いも募集中。

「チェルノブイリへのかけはし」代表の野呂美加さんが、
今週末!茨城県守谷市!
にいらっしゃいますので、お話を聞きにいらっしゃいませんか?


以下、野呂さんより~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
~「3月にベラルーシの甲状腺医療の現場を視察してきました」
小児甲状腺がん・予防のためのスクリーニング~ベラルーシの現場報告~

100万人に一人しか発症しないはずの小児甲状腺がんが福島ではすでに28名。
それでも原因は、「やぶの中」だという。
チェルノブイリ事故から27年たったベラルーシで、今でも行われているスクリーニングについて報告させていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

日時☆7月6日(土曜)
13時30分~15時30分 ※13時より受け付け開始

場所☆守谷市立中央公民館講座室
http://www.city.moriya.ibaraki.jp/shisetsu/bunka/kouminkan.html
住所 茨城県守谷市百合ケ丘二丁目2540番地の1
電話番号 0297-48-6731

会費☆1000円
集金しました会費は、経費を除いて全額を「チェルノブイリへのかけはし」に寄付させていただきます。

ご予約☆
お名前、連絡先、人数を添えて
放射能汚染から子どもを守ろう@守谷 まで
mirai.ibarakichildren.z(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(今企画の専用アドレスです。通常のブログ問い合わせ先アドレスとは異なりますのでご注意ください)

【チェルノブイリへのかけはし】
代表 野呂美加
プロフィール
1992年から福島原発事故がおきる2010年までに648名のチェルノブイリ事故被災児童を保養の為に招待。

【参考記事 産経新聞より】
未就学児甲状腺検査 7人が「要精密検査」 茨城・東海村

産経ニュース 2013.6.28 02:07
http://sankei.jp.msn.com/smp/region/news/130628/ibr13062802070004-s.htm

東海村は、東京電力福島第1原発事故による健康への影響を調べるため、
未就学児に実施した甲状腺の超音波検査で、
4月30日までに988人が受診し、7人が「要精密検査」と判定されたと発表した。

検査は平成23年4月以前に生まれた未就学児約2100人を対象に、希望者に無料で実施。
26日の発表によると、しこりの大きさなどを基準に診断した結果、
「要精密検査」が7人、
「経過観察」が230人、
「異常なし」が751人だった。

村は7、8月、小中学生を対象とした検査も実施する予定で、
対象者約3800人のうち、これまでに約2200人から申し込みがあったという。


関東ネット署名活動のご報告

@守谷も参加している「放射能からこどもを守ろう関東ネット」で行った
【放射能被ばくから子どもを守るための対策を求める請願書】 の署名活動
ですが、
経過報告が、関東ネットのHPで公開されています。

「放射能被ばくから子供を守るための対策を求める署名」衆議院議長宛、参議院議長宛、合わせて6万筆を越えました!全国のみなさま、有難うございます!!!
http://kodomokanto.net/archives/411

6月7日国会議員20名に署名を提出してきました。
ご協力ありがとうございました!
http://kodomokanto.net/archives/402
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。