スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご紹介:10月28日(日)もりあん講演会「今だからこそ、放射能汚染を知ろう」

お散歩会を共催した「もりあん(守谷あんしんお散歩プロジェクト)」による
講演会「今だからこそ、放射能汚染を知ろう」が、
10月28日(日)午前中に高野公民館で開催されます!

ゲストは守谷の放射能問題を取り上げたNHKクローズアップ現代「知られざる都市濃縮」に出演した
東京大学の森口祐一先生小豆川勝見先生
守谷のデータに基づいて、守谷在住またはお勤めの方向けの内容の講演会だそうです。
守谷市職員から市の除染計画と実施状況の説明も予定されているとのことです。

もりだくさんで、とっても充実した講演会だと思います!!


広報もりや10月10日号にも講演案内が掲載されています。
http://www.city.moriya.ibaraki.jp/section/0120/kouhou/24/1210/10/17.pdf

放射能を気にしてきた人は
これからどこまで気にすればいいか、
これまで気にしていなかった人も、
これからも気にしなくていいのかどうか、
いちど改めて考えてみる、いい機会ではないでしょうか。

以下、もりあんのHPより転載です。
http://www.morian.jp/
-----
2012/10/28 講演会のお知らせ
今だからこそ、放射能汚染を知ろう

~知識とデータを元に安心な守谷の暮らしを考える~

「原発事故で何が起きたの?」
「守谷は線量が高いって聞くけど、実際はどうなの?」
「そもそも放射線、放射能ってなに?」
「去年NHKで守谷の汚染が取り上げられたけど、その後どうなったの?」
「心配している人がいるけど、気にし過ぎじゃないの?」

この講演会では、守谷を知るお二人の専門家を招き、放射能の基礎知識や原発事故で起きたことを分かりやすく解説します。
そして、市民が継続的に採取した実測データを使って、守谷の現状や課題をお伝えします。

事故から1年半以上経過した現在においても、原発事故に対する人々の反応は様々ですが、
そんな今だからこそ現在の状況を確認することで、
守谷での明るく安心な暮らしをみんなで前向きに考えてみませんか?

【講演者】
東京大学教授(都市・環境システム)  森口 祐一 氏
東京大学助教(分析化学)       小豆川 勝見 氏
*守谷市職員から市の除染計画と実施状況の説明も予定しております

【日時】
2012年10月28日(日) 開場9:30 開演10:00-12:30

【場所】
守谷市高野公民館 多目的ホール(守谷市高野935番地)
*駐車場に限りがありますので、なるべく乗り合わせ・公共交通機関でのご来場にご協力ください。

【定員】150名 当日先着順受付
*席に限りがあります

【参加費】500円(高校生以下無料)
*守谷在住またはお勤めの方向けの講演会です。
*お子様連れでもご参加いただけます。
託児実施予定(有料・定員10名程度)
託児が必要な方は下記講演会資料PDFダウンロード後、お問い合わせに講演10日前までにご連絡ください。
--------
講演会のチラシはこちら(地図あり)
http://www.morian.jp/wp-content/uploads/2012/09/R.pdf

スポンサーサイト

東海村に注目!!東海村議会が東海第2原発について意見を募集しています。

ご存知のように私たち守谷市民にとって一番近い原発は東海村にありますが、
その原発自体はとても古く、運転開始から33年を経て老朽化しています。
そのうえ、過去に何度か放射性物質が管理区域外に漏洩しています。

東北地方太平洋沖地震後に自動停止、
そのまま定期検査に入っていますので現在は稼働していません。
再稼働した際にもし東北地方太平洋沖地震と同等の地震があれば、
福島の原発事故と同じ程度の被害が予想されるそうですし、
守谷市民にとっては、より近い場所での事故が起こることになります。

このまま、廃炉にするか、再稼働するかなど
東海村だけの問題ではなく
ご自身の問題として考え、意見を送ってみませんか?

「私1人の意見なんて・・」ではなく、「あなた1人」の意見がとても大事です。

東海村議会では一人でも多くのご意見をお待ちしているそうです。


意見提出方法は次の3つです。
なお、東海村民以外の方でも意見を提出することができますよ。

1  東海村議会ホームページから400文字以内
(上手い下手は関係ない。自分の気持ちを伝えることが大事。と思います)で意見提出
o 締め切りは10月31日(水)
o http://www.vill.tokai-gikai.jp/seigan_form.php

2  意見聴取会で意見を述べる。
第1回 10月25日(木) 18:00~20:30
東海村研究交流プラザ
地図→http://goo.gl/VI16f

第2回 10月28日(日) 13:30~16:00
東海村研究交流プラザ
地図→http://goo.gl/VI16f

3  紙で意見を提出
o 東海村コミセンに置かれている専用の用紙で提出
o 締め切りは10月31日(水)

-----
この情報を提供してくださった
お隣の常総市で情報を常に発信しつづけてくださる古性さんの大人気ブログをご紹介。

メインは常総市に問題提議されていますが、
今回の東海原発問題など、常総市民以外でも考えなくちゃならない内容が分かりやすく書かれています。

震災直後は、@守谷のメンバーも個人的にこのブログの情報にお世話になりました。

古性隆の 陽はまた昇る 第2幕:常総維新
http://office-aoba01.seesaa.net/article/296099942.html


プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。