スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子ワークショップ「親子で知ろう!考えよう!放射能」終了しました

「親子で知ろう!考えよう!放射能」親子ワークショプが無事に終了しました。
総勢39名の方に参加していただき、親子だけでなく、小さいお孫さんのいるおばあちゃま、
子供への放射能教育を考えている男性、大学生などの大人のみの参加もあり、また、様々な地域から参加いただきました。この場を借りて、講師の上田昌文先生はじめ、参加者の皆様にお礼を申し上げます。

さて、子供に「放射能」を学ばせることについて、私も実際ワークショップが始まるまで、ちょっと不安もありました。でも「子供が大好き」な上田先生にかかれば、難しい放射能も、とてもわかりやすく説明され、子供たちもどんどん集中していきます。先生はマイクも使わずに、参加者のテーブルを回り、子供たちの目をみながら、一人ずつ質問していきます。

RIMG0044[1]



先生の温かい雰囲気に安心したのか、子供たちは、恥ずかしがりながらも質問に答えていきます。知らない友達、沢山の大人たちの前で、話すことは勇気がいることだと思いますが、
子供たちはあっという間に、先生のペースになっていきます。    
あっという間の2時間のワークショップは、次のような流れになっています。

RIMG0023[1]


① 「知ろう!①」放射線とは? 放射能とは? 
子供たちが知っていること、聞いたことのあることを書き出し、先生が一つ一つ説明して
くれます。ゲームも取り入れ、飽きさせません。

RIMG0063[1]


 
② 「知ろう!②」今何が起こっているのか?
福島原発事故がどのように起こったのか、そして守谷がホットスポットになった理由や原発が電気を起こす仕組みなども教えていただきました。大人が聞いても、「へえ~」と思ったり。

RIMG0015[2]


 
③ 「考えよう!」どうしたら被爆を減らせるかな?
子供たちからどんどん出てくるアイデア。勇気を持ってマイクをにぎり、一生懸命自分の意見を言ってくれました。
    
RIMG0082[1]



④ 最後は・・子供たちは計測器を持って外に計測に。
凍えるような寒さの中でも、子供たちは計測に夢中。「高くなった。」「ここは低いね」など
話ながら、自ら進んで計測していきます。計測器をのぞき込む子供たちは興味津々。
これぞ、好奇心の塊。


RIMG0094[1]


その間、大人たちは質疑応答の時間。先生が時間を取ってくださり、じっくりと。

RIMG0117[2]



放射能問題は自分を取り巻く危険の一部です。大人が子供を危険から守ってやる小さな時期を過ぎたら、自分で危険から身を守れるよう自立させることが必要ですが、子供が自分の人生を他人に依存したままでは自立はできません。新しい未来を考えるとき、子どもの目の前から危険を取り除いてやるだけでは、同じ問題を繰り返すことになりかねません。
例えば、交通ルールを教え、車の危険を教えて事故から身を守らせるように、放射能についても、子どもには正しく伝え、自分の身を守れるようになって欲しいと思っています。

RIMG0132[1]



ワークショップ終了後、参加者に感想を書いてもらいましたが、子供たちは「楽しかった」「勉強になった」「面白かった」と書いてくれました。自分自身で放射能を理解した子供たちは、きっと自ら対応していくでしょう。


RIMG0103[1]


「放射能問題を子供に教えるなんて、必要ない。怖がらせたくない」と思わずに、ぜひ、次回は参加してみてください。
参加してくださった親子は、お家に帰ってからも、放射能問題を隠さずに、恐れずに、話し合ってくれると思います。そして、そこから、新しい未来が作られるのではないかと思っています。


ワークショップ担当
スポンサーサイト

年末のお買い物に!アイラブカスミプロジェクト

県北・県西で放射能に負けずにがんばっている団体さんが、
こんな企画を立ち上げて下さいました

アイラブカスミプロジェクト
http://ilovekasumi.jimdo.com/


茨城の台所を支える大切なスーパー「カスミ」に、
子どもたちを放射能汚染から守りたいとする声を
せっかくだからみんなで一緒にまとめてたくさん届けよう、
アクションを皆で起こそう!というプロジェクトです。


放射能は心配だけれど、
役所に出向いたり電話したり、会を作って署名活動とかはちょっと…
あまりよく知らない人と放射能の話をするのもちょっと…
このままでいいとは思ってないけど…結局何もできず…毎日忙しいし…
そういう人も少なくないと思います。

そういう人にとっても、
愛用するスーパーに「お客様の声」でリクエストを出すのは、
普段の生活の中で、そんなに大変じゃなく、できることではないでしょうか?


…というわけで、@守谷も協力し、ブログでご紹介します!

------------------------------------------------------------
アイラブカスミ
------------------------------------------------------------
<発起人団体>
子供の未来を考える会境町 【猿島郡境町】
こどもみらいひたち 【日立市、那珂市、高萩市、北茨城市など県北】
希望のかけはし会 【ひたちなか市】

<期間>
~2011年12月31日
*1か月でたくさんの声をあつめることがインパクト大!!
*カスミ以外はだめ?もちろん、そんなことはありません!
 ぜひぜひ、他のスーパーにも同時に声を届けましょう。
 どこが一番先に動き出すか…?期待しながら見守っています。


<具体的な参加方法>
・オンライン署名
 →カスミプロジェクトのHPからオンライン署名する

 ※注 議会・行政に対する署名活動と異なり、
  「お客様の声」をカスミプロジェクト発起人チームが”まとめて(重要!)”届ける企画です。
  なので、お名前もフルネーム不要、住所も市町村までです。
  その他、記入者の年代とカスミへの要望(参考例あり)を書き込みます。
  店頭で「お客さまの声」を記入するよりじっくりたくさん書けるかも・・・?!

・各店舗の「お客様の声」用紙に各自意見を記入して提出
・「お客様相談」に各自電話する
 →カスミプロジェクトのHPの
  「お客様の声 投稿ギャラリー」に投稿する

  ※注 各自の個人アクションとカスミからの回答を共有しよう!という企画です。

<その他、詳しい説明>
カスミプロジェクトHP「アイラブカスミとは?


------------------------------------------------------------

・・・以前@守谷の茶話会の参加者の方がこんなことを仰っていました

「有機野菜だって、10年前はスーパーは扱ってくれなかった。
 それを、いろんなお母さんたちが、スーパーに買い物に行くたびに、
 『有機野菜ありませんか?扱ってほしいです』と伝えていった。
 今はたいていの大きいスーパーには、有機野菜のコーナーがあるでしょう?
 放射能対策だって、1人1人が伝えるところから始まるんですよ。

放射能から子どもを守る、といっても、いろいろなやり方があります。
それぞれが自分にできるやり方でやってみることで、
ちょっとずつでも進んでいくといいな、と思います


補足説明
<※賛同団体「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(有志)」の(有志)について>
今回カスミプロジェクトを紹介するにあたり、@守谷のメンバーの中で、こんな意見もありました。
 「いいプロジェクトだと思うけれど、
  普段からスーパーは使ってない自分が参加するのは嘘っぽくて抵抗がある」
 「スーパーを使っているけれど、愛用者というほどではない」
 「そもそも小売り企業の努力には限界もあるのでは?」・・・
なので、@守谷の全員が「アイラブカスミ!」だと思われるのは、
ちょっと誤解を招くかな?と思い、(有志)と付けさせていただきました。
もちろん、早速「お客様の声」を書き込んだメンバーもいます。
できることをできるひとができる範囲で、というのが
@守谷の活動スタイルということで、ご理解いただければ、と思います。

タイトル:12月12日NHKクローズアップ現代・追加情報

既に別の記事でもご紹介した
12月12日放送のNHKクローズアップ現代「知られざる“都市濃縮”」
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3133 で、
守谷市の人工河川における都市濃縮について、報道されました。
ほんっの一瞬ですが、お散歩会の様子も・・・(守谷部分冒頭で市内を歩く場面)。

「茨城県では、避難の目安、毎時3.8マイクロシーベルトに匹敵する場所が見つかり、住民の間に不安が広がっている。原因は都市そのものにあった。道をアスファルトで覆い、人工河川で排水性を高めたことで、都市特有の、放射性物質の「濃縮」が起きたと考えられている。」(以上番組公式サイトより)

出演された東京大学の小豆川勝見先生とともに守谷で調査されてきた
ハンドルネーム:大柏散歩人さんが、
ご自身のブログで番組では取り上げられなかった部分も含めて、
詳細な「茨城県守谷市における放射能汚染調査報告」をアップして下さっています。

大柏散歩人さんブログ「守谷の軽井沢-大柏の森」
・守谷市内の汚染の全容(クローズアップ現代の放送を受けて)

http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/blog-entry-67.html
---
「茨城県守谷市における放射能汚染調査報告」目次

守谷市の概要
守谷市における雨水の流れと放射能汚染
守谷市内下水・雨水幹線
調査場所
各調査場所の特徴
調査場所と測定結果

1:里山湿地帯
2:プロムナード水路
3:城址公園
4:南守谷雨水幹線(守谷郵便局ルート)
5:南守谷雨水幹線(愛宕中学校ルート)
6:南守谷雨水幹線(松ケ丘ルート)
7:五反田川
8:北守谷雨水幹線(新守谷→鬼怒川)
9:遊水池を併設した野球場(北守谷)
10:遊水池を併設した野球場(南守谷)
11:遊水池を併設した野球場(みずき野)
 追加資料:除染後の再汚染の可能性を示すデータ

まとめ(測定結果から)
補足資料
 守谷市内で採取した土壌等の放射能の量
---
(以上、散歩人さんご快諾の上で上記ブログ掲載ファイルより引用)

散歩人さん曰く、
「ご覧いただき、一人でも多くの方が現状をありのままに理解いただくことを願っております。」
とのことです。

NHK番組中で会田真一・守谷市長もインタビューを受けて、
「どうしたらいいのかわからないのが本音だけれど、
でも何とかしなきゃならない」とコメントしていました。

現状の理解を共有して、
どうしたらいいか知恵を出し合って、
なんとかいい方向に向かっていきたいと改めて思いました

最後に、お仕事の合間を縫って、貴重な調査を敢行し、
結果を公表して下さった大柏散歩人さんに、改めて感謝の意を表したいと思います

12月12日NHKクローズアップ現代で守谷も取り上げられます!

10月に実施した311後の守谷を歩くお散歩会で名案内人を務めて下さった
ハンドルネーム:大柏散歩人さん&そのご友人のみなさま、
そしてお散歩会以外にも何度も守谷に足を運んで下さった
東京大学の小豆川勝見先生、
どなたもお忙しいにも関わらず時間とエネルギーをかけて、
守谷の放射能汚染の実態を追い続けて下さっています。
本当にありがたいと思います

このたび、その貴重な調査結果が
12月12日(月)のNHK「クローズアップ現代」で取り上げられるそうです!
散歩人さんのご快諾を頂いて、@守谷のブログでも告知させていただきます

---
クローズアップ現代「知られざる“都市濃縮”」
チャンネル:NHK総合
放送日:2011年12月12日(月)
放送時間:午後7:30~午後7:58(28分)


「今首都圏各地で新たなホットスポットが次々と出現している。人工河川、ゴミ焼却施設など効率や利便性を追求してきた都市特有の放射能の濃縮が起きている。その実態に迫る。」
NHK番組表より)

「…茨城県では、避難の目安、毎時3.8マイクロシーベルトに匹敵する場所が見つかり、住民の間に不安が広がっている。原因は都市そのものにあった。…」
「クローズアップ現代」番組サイト「放送予定」より)

---
大柏散歩人さんによると
「@守谷のお散歩会の様子は残念ながら含まれない模様」とのことですが、
お散歩会以降の散歩人さんの調査結果の一端に触れることが期待できる!番組なので
お散歩会に参加された方も参加できなかった方も
次は行ってみたいなあと思っている方も、みなさん必見ですよ~

常総生協主催「守谷放射線量測定」

ひがし野地域で、常総生活協同組合さん主催の測定会がありますので、ご案内します。

※(12月8日追記:駐車場はありませんのでご注意くださいね!)
------
どなたでも参加OKです!
放射能汚染調査隊
守谷放射線量測定


日時:12月10日(土)9時半~12時
集合場所:「ブランズシティー守谷」ロビー
 9:30~10:30 測定説明会&茶話会
10:30~12:00 測定会
測定場所:集合場所周辺の通学路、公園などを予定
備考:シンチレーションサーベイメータ 日立アロカ社製 TCS-172B使用予定
主催:常総生活協同組合
   http://www.ibaraki-kenren.coop/joso.htm

※最初に、測定にあたっての説明、ルート決めなど、お茶を飲みながら行います。
※小雨決行、大雨のときは、9時半~11時頃まで、資料などを見ながら、
 茶話会(お茶を飲みながらいろいろお話)です。
※自前の測定器をお持ちの方はぜひお持ちになってください。

チラシはこちらです。

------

詳しいお問い合わせ、お申し込みは、常総生活共同組合さんへ。
(当日参加も可能ですが、人数把握などのため、事前申し込みしたほうが良いようです。)

@守谷メンバーも市内の測定会には何度か参加していますが、
実際に測定しながら歩いてみると、
地域のだいたいの数値や、高い場所低い場所の傾向など、
肌で感じることができますよ

プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。