スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月26日ワークショップ開催「親子で知ろう!考えよう!放射能」

12月に放射能について
親子で学ぶ親子ワークショップを企画しましたのでお知らせ致します

講師は6月に講演会をお願いした市民科学研究室上田昌文先生です。

和気あいあいと、先生とやりとりしながら、現状を知り、放射能について学び、
放射能を乗り越えて行く方法を一緒に考えていきたいと思います。

意見や質問がしやすいように、少人数で行いますので、先着順です

「子どもには自分の身を自分で守れるようになってほしい」と願う方はお早めにどうぞ。
ぜひぜひ親子でご参加ください。お待ちしています

ワークショップ
子どもには自分の身を自分で守れるようになってほしいから
親子で知ろう!考えよう!放射能



日時 12月26日(月) 10:00~12:00 (開場9時45分)

会場  守谷市市民交流プラザ 「市民ギャラリーホール」 

所在地 守谷市御所ケ丘5-25-1

TEL:0297-45-2278    

講師 上田 昌文氏

参加料 一人500円

定員 50名(小・中学生の親子対象)

申込み  *先着順*

氏名・参加人数・メールアドレスを記入の上、
12/22(木)までにメールで↓↓に申込み
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)

*キャンセルの場合は必ずご連絡ください

主催 放射能汚染から子どもを守ろう@守谷

後援  守谷市教育委員会


チラシはこちらからダウンロードできます(pdf)
スポンサーサイト

【協力企画】みずきの中央公園&調整池周辺計測無事終了しました。

11月17日(木)10-12時、お天気にも恵まれ、みずきの計測は無事に終了しました
参加者総勢約40名、二手に分かれて計測しました。

1.みずきの中央公園+広場周辺
2.みずきの野球場
3.郷州小~調整池外周+郷州公民館周辺


当日の様子を含めた計測結果は、
今回の計測を企画されたみずきの計測隊のメンバーの方が、
ご自身のブログで見やすいまとめを公開してくださったので、
そちらをそのままご紹介したいと思います(必見です!)。

みずきの計測隊のメンバーの方のブログより
みずきの放射線量測定プロジェクト結果報告書
http://aircounter-radex.seesaa.net/article/236851761.html


そしてこれらの計測結果は、
近隣幼稚園保育園、インターナショナルスイミング、町内会にお渡ししました。
結果の利用方法は各所にお任せになります。
郷州公民館では、掲示していただけることになりました。
本当は公園などに、計測値が掲示されるといいなあと思いつつ・・・

市役所にも提出したところ、返答は「参考にします」でした。
調整池については、立ち入り禁止にするが、除染の予定は今のところないとのことです。
つくばでは調整池の扱いについて放射線対策懇話会でも議論しています。
(参考:放射能汚染から子どもを守ろう@つくばさんのブログ
 http://forchildrentsukuba.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
守谷でもまずは調整池の泥に放射性物質がどのくらい濃縮されているか、
きちんと測ってほしいとお願いしてきました。

今回の測定プロジェクトを企画したみずきの計測隊さんでは、
今回の測定会をキッカケとして、
今後、近隣住民や教育施設関係者の皆様が、自主的な
測定等の活動を行なっていけるよう、サポート予定だそうです。

関心のある方はみずきの計測隊メンバーである
わらふに@HSPさん(twitter:@warafuniさん)のブログをチェックしてみてくださいね!

わらふに@HSPさんのブログ
エアカウンター+RADEX RD1706の性能レビュー
&ミニホットスポット調査@守谷

http://aircounter-radex.seesaa.net/

健康調査を求める県への要望書提出に参加します!

みずきの測定おつかれさまでした!
報告記事はチームみずきののみなさんが鋭意まとめ中なので
もう少しお待ちくださいね。

---
・・・本題に戻って

健康調査を求める県への要望書提出に参加します

茨城県のあちこちで、
放射能に負けずにがんばるグループが立ち上がってます。
(くわしくはこちらでまとめてくださってます!)

そんな県内各地の団体の有志が、
「放射能汚染から子どもを守ろう@つくば」さんの呼びかけで
「福島第一原子力発電所の事故による
被ばくに関する健康調査を求める要望書」

11月28日に茨城県に提出することになり、
@守谷も団体として、提出者に名前を連ねることにしました!

要望項目は、

① 乳幼児(事故当時乳幼児だった方・事故後に生まれた方)・児童・18歳未満の方・妊産婦・妊娠を望む方の、外部被ばく及び内部被ばくの状況とその影響を調べる継続的・定期的な健康調査。

② ①の検査のために必要なホールボディカウンターの県内各地への設置や、内部被ばくを調べる精度の高い尿検査など、検査体制の実現。

③ ホールボディカウンターの設置に予算措置等のため時間を要する場合には、尿検査、血液検査など、現在実施可能な調査を先行させる。これにより、一日も早く県民の被ばくの実態を把握し、これ以上の被ばくを避ける対策を行なう。

④ これらの健康調査にかかる費用については、国への追加予算を要請もしくは、東京電力への損害賠償を申し立てる。


以上4項目です。

その他要望書の内容:「@つくば」さんのブログ
http://forchildrentsukuba.blog.fc2.com/blog-entry-30.html

---
先月18日、厚労相が北茨城市を視察した時に、
茨城県の子どもの健康調査の実施を検討する意向を示しましたが、
それに対し県は現時点では「必要ない」という立場でした。
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13189494243075

また今月22日には
県市長会長の会田真一守谷市長が
原発事故に伴う子どもの健康調査を本県でも実施するよう要望しましたが、
(会田県市長会長はじめ県市長会の姿勢には感謝です
残念ながら橋本知事は消極的な考えを示したとのことでした。
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13219724595992

そんな県に対し、
茨城で放射能から子どもを守るためにがんばっている団体として、
異議申し立てをしたい!という提案が「@つくば」さんからあり、
「ママ友の会(竜ヶ崎)」さんや
「放射能から子どもを守る☆阿見」さんが中心に意見を出してくださったのを
「@つくば」さんが窓口として取りまとめてくださって、
今回の要望書提出となりました。

要望書画像(11月22日現在)(「@つくば」さんブログより)
http://blog-imgs-15.fc2.com/f/o/r/forchildrentsukuba/20111122233951895.htm

この
「福島第一原子力発電所の事故による
被ばくに関する健康調査を求める要望書」に
@守谷も団体として、提出者に名前を連ねることにしました!


「@つくば」さんのブログにもありますが
http://forchildrentsukuba.blog.fc2.com/blog-entry-32.html
・提出者に参加していただける団体の方は,27日正午までに「@つくば」までご連絡ください.
・また,11月28日の提出に一緒に行く人も募集中です.11時ごろ,提出予定です.

とのことです。

今回は、まずは健康調査に絞って、
県の消極的な姿勢に対し急ぎ異議申し立てることが目的なので、
原則個人ではなく団体署名、というかたちになりました。
(個人で子どもを守る活動を頑張っている方では、
これを機に団体名・活動名を立ち上げて参加される方もいるようです。)
@守谷のような放射能から子どもを守る活動をするグループはもちろん、
子ども会、保護者会、PTA、生協、育児サークル、生産者団体、その他事業主の方・・・
いろんな団体の参加歓迎!とのことです 
代表者は複数でもOKとのことでした。
@守谷は会の代表がいない団体なので、代表ではなく本件担当を立てて参加します。

参加を考えている団体の方はお早めに!
@つくばさんのブログ
http://forchildrentsukuba.blog.fc2.com/右下のメールフォームから、
団体名と代表者名、最終版確認のための連絡先を送信ください、とのことです

【協力企画】測定プロジェクト第2弾!みずきの中央公園&調整池周辺計測

身近な公園や通学路を自分で計測したい!と思う市民の方の計測活動に@守谷も協力し、
少しずつ守谷市の測定→除染が進んでいけばいいな、という
【協力企画】測定プロジェクト、早くも第2弾の予定が決まりました!

今度はみずきのですよ~

【協力企画】みずきの中央公園&調整池周辺の放射線量測定プロジェクト
測定日時:11月17日(木)10時から12時 小雨決行
集合場所:みずきの集会所前
計測場所:中央公園 調整池周辺
企画:みずきの計測隊チームみずきの
協力:常総生協、放射能汚染から子どもを守ろう@守谷


測定機械は、常総生協さんにお借りします。
また、組合員さんにもチラシを配布して下さるとのこと。

@守谷では、
・@守谷のブログでの参加募集
・@守谷のアドレスによる問い合わせ窓口代行
・@守谷のブログでの測定の結果報告、データ公開
・測定結果報告の茶話会の開催?(検討中)
というかたちで協力予定です。

前回同様、測定結果は市に伝えたいと思ってます。
何人かの市議の皆様にもお誘いお声掛け中です。

多くの方のご参加お待ちしています。
全部の時間ではなくても、一部見学でも、歓迎です。
線量計をお持ちの方はぜひご持参下さいね。

お問い合わせ先代行窓口@守谷:
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)

「311後の守谷を歩くお散歩会」やりました。

10月30日日曜日。
311後の守谷を歩くお散歩会は、
お天気にも恵まれて無事に終了しました

写真2_convert_20111105043820

写真1_convert_20111105043732

↑こんな感じで、
最初だけだったり途中からだったり、
総勢20名強、
連れだっておしゃべりしながらお散歩しました

案内人の大柏散歩人さんや
急遽参加して下さった
原発付近から守谷をはじめとする関東ホットスポットに至るまで各地の核種・線量測定に取り組んでいる
東京大学の小豆川勝見先生のわかりやすく丁寧な説明を聞きながら、
点在している濃縮された超ホットスポットを、
それぞれ持ち寄った測定器で自分でも実際に測って見て、
「こういうところがこんなに高いんだね」と、
参加者みんなで確認しながら歩きました。

歩きながら、放射能のこと、守谷のこと、
参加した人同士でいろいろお話しできたのもよかったです。
ちょっとしたオフ会みたいなお散歩会でした。

守谷市内に点在する超ホットスポットは整数レベル…最大13マイクロ!もありました。
数字だけでもびっくりですが、重要なのは数値よりも、
散歩人さん曰く
「ホットスポットそのものより
その供給源と発生メカニズムを追いかける必要があると思います。」
「目の前の数値に一喜一憂せず、
数値の変動や供給源の特定などを注意深く探ることで、
状況を改善するためにどうしたらよいかを一緒に考えていきましょう。」

とのことでした。

このあたり、
散歩人さんがご自身のブログで丁寧に解説して下さっているので、
こちらをぜひお読みくださいね。
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/blog-entry-49.html

お散歩会終了後、
散歩人さん&小豆川先生&散歩人さんのご友人他有志の皆さんは、
午後も引き続き、ひがし野~城址公園方面に調査に行かれた模様です。

案内人・大柏散歩人さんのブログでの報告はこちら
http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/blog-entry-48.html

一日かけて大柏散歩人さん&小豆川先生を追いかけた
NHKさんの取材は11月中頃?に放映予定だそうです

今回の企画は、
震災後早い時期からご自身で線量計を購入し、
冷静に客観的なデータを集めてこられた大柏散歩人さんの活動とその調査結果を、
もっと守谷のいろんな人に知ってほしいと思って企画しました。
散歩人さんは、専門家の小豆川先生の研究会にも参加して勉強しつつ、
お忙しいお仕事の合間を縫って守谷の状況を調査しておられます。

提案をご快諾いただいたばかりか、
いろんな方にもお声掛けして準備を進めて下さった大柏散歩人さん、
小豆川先生、散歩人さんのご友人のみなさま、
そして参加して下さったみなさまに、改めて御礼申し上げます。
ありがとうございました&おつかれさまでした!

@守谷は「放射能をとっても心配する団体」なので、
今回のお散歩会の参加された方は、
「なんとなく」から「かなり」まで、放射能の危険性を考えている人が中心でしたが、
大柏散歩人さんのご説明は、
「あんまり」「全然」放射能を気にしていない人が聞いても、
いろいろ発見があるのではないかと思いました。


気にする気にしないで議論するのではなく、
散歩人さんも何度も仰っていましたが、
まずは事実を事実として、ありのままに受け入れて、
それをみんなで共有すること、それがやっぱり大切ですね。


というわけで(?)
ここまでお読みいただいたお散歩会に参加されたみなさま、
よかったらコメント欄に感想をご記入お願いします。
参加した人・出来なかった人で共有できれば嬉しいです。

★既にブログで記事にして下さった方も!シェアありがとうございます
記事を拝見して、同じお散歩会に参加しても気づくことは人それぞれ、
感想を共有するのもお散歩会の楽しみだと改めて思いました。
ご紹介:Osampo in 守谷(Lark (ラ~ク)さん)
http://moriya.pc-flower-art.com/archives/2511


今回はお試し開催でしたが、
好評であれば2回目も開催したいと思ってます。
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。