スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「311後の守谷を歩くお散歩会」やります!

最近、市の測定とは別に
自分たちでも計測をはじめた@守谷関係者ですが、
守谷市では早くから個人で機械を入手し市内各所を測って
ブログで発信して下さった方が何人もいらっしゃいました。

@守谷関係者はもちろん、それ以外でも、
その貴重なアナウンスに助けられた人も多かったと思います。改めて感謝です

今回はそのうちのお一人、
ハンドルネーム:大柏散歩人(@ogashiwa_garden)さんにお願いして、
311後の守谷の状況を実際に見て回るお散歩会をすることになりました。

---
311後の守谷を歩くお散歩会

日時:10月30日(日)10:00-お昼頃まで
集合:守谷市役所正面玄関前広場
案内人:大柏散歩人(twitter:@ogashiwa_garden)さん
   ブログはこちら→http://ogashiwagarden.blog114.fc2.com/
   守谷の測定結果もたくさんアップして下さってます!


*現地集合・現地解散(途中離脱自由)です。
*歩いてお散歩して回るので、身軽な格好でお越しくださいね。
*お散歩中に除染はしませんが、被ばくが気になる方は服装などこちらもご参照ください。
 詳しい除染マニュアルへのリンク集
 http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/blog-entry-52.html
*雨天中止、その場合は9:30までにブログにアップします。
*線量計をお持ちの方は、ぜひご持参下さい。一緒に測りましょう!
*もしかしたら当日取材が入るかもしれませんがご了承ください。

---

今回初めてのお試し企画になります

肩の張らない気楽なお散歩のつもりですが、
あんまり大人数の時はちょっと段取りなど考えなきゃいけないので、
参加を考えている方は人数をコメントにてお知らせいただけると助かります。

また、
今回は参加できないけれどぜひまたやってほしい!という要望がありましたら、
それもコメント欄にご記入くださいね。
案内人さんに伝えます。
スポンサーサイト

中学校の除染が始まりました

そよかぜ公園&周辺通学路の放射線量測定プロジェクトに
参加された皆様、おつかれさまでした!
後ほどブログにも報告記事をアップしますので、少々お待ち下さいね。




10月18日、市内中学校より、保護者宛に、
『校舎周辺(側溝周辺)の除染作業のお願い』と題したお便りが出されました。
11月初旬に実施されます。
(学校によっては、時期・内容に若干の差異があるかもしれません。)

以下、冒頭の全文と概要です。

<冒頭文>
秋冷の候、保護者の皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
また、平素は本学の教育活動ならびにPTA活動にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。
さて、標記の件につきましては、下記の日程に校舎まわりの側溝周辺の除染作業を計画いたしました。
生徒の安全・安心を確保し、よりよい教育環境づくりのため保護者の皆様方のご協力をいただけますよう
よろしくお願い申し上げます。

<内容>

1. 作業内容:側溝などの清掃
① 体育館周り側溝
② 水泳プール周辺側溝
③ 正門~駐車場周り
④ 生徒駐輪場側溝
⑤ その他 落ち葉の溜まりやすいところ
※側溝の落ち葉や土をすくい取り、土嚢に入れて撤去
※蓋のある側溝については市(業者)で清掃

2. 準備物:軍手、タオル、飲み物、マスク
あれば、平スコップ、シャベル、手押し一輪車、軽トラックなど 

3. 参加者:保護者、職員(生徒は参加しない)

---

「※生徒は参加させません。」と明記してあったのは、よかったと思います。

放射線災害対策特別委員会(第5回)
「生徒に土を削らせることも…ひとつの方法として考えている」という発言があって心配していたのですが、
先日の市長との面談でのお願いが伝わったようで、言ってよかったと思いました。

中学校は今のところ、
保護者によるボランティアしか中学校除染の方法はなさそうなので、
できるだけ多くの方の協力が必要です。

しかしながら、かなりの高線量が予想されます。
実際に細かく測定しての除染箇所選定だと思いますが、
残念ながら具体的な数値の表示はありませんでした。
いずれにせよ、準備・作業は慎重に行ったほうが良いでしょう。

以前の記事でまとめた除染マニュアルのリンク集より↓
http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/blog-entry-52.html

<除染の時は気をつけて!除染する人の内部被曝対策>

http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/a/4/-/img_a465a3c4869ea6b7cae870dae13254c0108021.jpg
「まてないみせ」内部被曝さけるために
(2011年7月27日 児玉龍彦教授 衆議院厚生委員会資料)
・土ホコリは”マ”スクで
・手につかないように”手”袋で
・側溝など汚泥につくときは洗える”長”靴で
・作業中は”飲”食禁止
・かわりに途中で手を洗って”水”分補給
・”線”量計が必須 高い汚染物は専門家を呼ぶ


その他詳しい除染マニュアルへのリンクはこちらです↓
http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/blog-entry-52.html

お話会@常総市&笠間市~チェルノブイリの今を知る

@守谷と同じようにがんばっている常総市の
「常総市の子ども達を守る会」さんより
以下お話会のご案内をいただきました。

追記(10月25日)
常総市の翌日には、笠間市でも開催予定とのことです!


チラシはこちらです。

以下
「常総市の子ども達を守る会」さんより
http://jousoumamasann.blog.fc2.com/blog-entry-22.html
-----
野呂美加さんお話会

この度「常総市の子ども達を守る会」でチェルノブイリへのかけはし代表の
野呂美加さんを講師に迎え、お話会を開催することになりました。
放射能問題に関しては専門家も意見が分かれる中
チェルノブイリの今を知ることはとても大切なことだと思います。
野呂さんは19年間ベラルーシの子どもたちを保養させる活動を
続けてこられ、今までに648人もの子ども達を日本に招待しています。
ご自身の経験に基づいた、放射能時代を生き抜く為の知識と知恵を
お話していただきます。是非皆様ご参加くださいませ。

■ 日 時 2011年11月26日(土)13:30~15:30
      15:30~質疑応答(13:00受付開始)

■ 会 場 常総市生涯学習センター2F 研修室 
       常総市水海道天満町4684番地 tel:0297-22-1111
              地図http://yahoo.jp/puBvV1
■ 講 師 野呂美加さん(NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表)

■ 参加費 1,000円<定員70名>要予約 先着順・経費を除く参加費は「NPOチェルノブイリへのかけはし」へ全額寄付をさせていただきます

■ 託 児 お一人500円(ご希望の方はお早めに下記までご連絡ください)


【お問い合わせ・申し込み先】
http://kokucheese.com/event/index/18677/
メール、電話FAXでもお申込みできます
(メール、FAXの方はお名前、電話番号、メールアドレスをお知らせ下さい)
TEL・FAX:0297-22-2516(青木)080-3111-8746(渡辺)
E-mail:jouso.savechild@gmail.com

<主催>  常総市の子ども達を守る会
<後援>  常総市・常総市教育委員会

-----
(10月25日追記)
以下は、笠間市の「明日の子どもを守る会 笠間」さんからの情報です。


いま、こどもたちを守るために知っておきたい
   チェルノブイリから学ぶ 子どもの命を守る知恵
~チェルノブイリへのかけはし 代表 野呂美加さんお話会~

長期化する放射能拡散により、空気だけでなく、水、野菜や肉、
魚と汚染はひろがっています。
低線量の内部被曝が長期化したときに、子どもたちが将来どんな
リスクを負う可能性があるのか?
私たちはあまりに知らないことが多いことに気がつきました。
事実を知って、乗り越える知恵と情報がほしい。
何をどう防ぎ、どう引き受けることができるのか?

・日時:平成23年11月27日(日)9:30~12:30(9時開場)
 9:30~11:30  お話会
 11:40~12:30   質疑応答
・会場 : 茨城県 笠間市友部公民館 大ホール
(茨城県笠間市中央3丁目3-6  常磐線友部駅より徒歩5分)

・参加費 :1000円(要予約・チケット制)
・定員 : 300名
     *託児あり(要予約) 300円
*人数制限があります。早目にお申込みください。

・申込み・問い合わせ:
Email : asu_kasa@yahoo.co.jp

こちらからは直接お申込みできます。
http://kokucheese.com/event/index/19943/

*参加者のお名前(ふりがな)、来場される人数、ご連絡先(メールアドレス
またはお電話番号)をお知らせください。
託児を希望される方は、お子様の人数とお名前(ふりがな)、
性別、年齢を添えてお申込みください。
折り返しご連絡させていただきます。

主催: 明日の子どもを守る会 笠間


【協力企画】そよかぜ公園&周辺通学路の放射線量測定プロジェクト


涼しくなってきましたね。
秋晴れの日は気持ちよくて公園の芝生に座ってランチした~い・・・。
守谷市で当たり前だった公園ランチ、いつになったらできるのかな~。

さて、守谷市の広報23年10月10日版によると
http://www.city.moriya.ibaraki.jp/section/0120/kouhou/23/1110/10/05.pdf
「公園の遊具の下など詳細に計測し、
放射線量の高い場所は除染または立ち入り禁止にする」
とあります。(5ページ)

10月11日(火)に市役所にて、
公園の計測について問い合わせたところ、はっきりした内容は教えていただけませんでした。
準備段階なのでしょうか?

どちらにしても計測機もたくさんあるわけでなく、
市内の公園=現在計測している公園67箇所の詳細な計測が終わるのは
かなり先なのではないかと予想しています。

守谷市も計測予定ではありますが、
市にお任せするだけではなく、市民が計測していく、
その方がダブルチェックにもなるし、より安心ですよね。

そういう活動に、@守谷も協力していきたいな、と思っています。

そこで今回新たに【協力企画】測定プロジェクトを立ち上げました!

身近な公園や通学路を自分で計測したい!と思う市民の方の計測活動に
@守谷も協力して、
少しずつ守谷市の測定、ひいては除染が、市民レベルでも進んでいけばいいな、という企画です。

今回は、
松ヶ丘在住の小学生保護者による
そよかぜ公園と松ヶ丘郵便局から松ヶ丘小学校までの通学路の放射線量の測定に協力します。

【協力企画】そよかぜ公園&周辺通学路の放射線量測定プロジェクト
測定日時:10月24日(月)10時30分から  雨天中止
集合場所:松ヶ丘1丁目 そよかぜ公園
計測場所:松ヶ丘1丁目 そよかぜ公園  松ヶ丘郵便局から松ヶ丘小学校までの通学路


測定機械は、常総生協さんにお借りします。
また、組合員さんにもチラシを配布して参加を募ります。
今回は、そよかぜ子ども会さんとも連携し、
回覧板を利用して告知していただきます。

@守谷では、
・@守谷のブログでの参加募集
・@守谷のアドレスによる問い合わせ窓口代行
・@守谷のブログでの測定の結果報告、データ公開
・調整ができれば、測定結果報告の茶話会の開催?(検討中)
というかたちで協力していきたいと思ってます。

また守谷市にも測定結果を伝えて、高い箇所は対策を求める
とりわけ1マイクロシーベルト/時を超える箇所は
早急に対策していただくよう、お願いする予定です。

多くの方のご参加お待ちしています。
全部の時間ではなくても、一部見学でも、歓迎です。

関心のある方、松ヶ丘保護者さんに連絡をとりたい方は、
★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
までどうぞ。


勉強会@境町「安心して食品を購入するための勉強会」

@守谷と同じように、
放射能から子どもを守るためにがんばっている境町の「子供の未来を考える会」さんより、
下記のご案内をいただきました!

チラシはこちらです。
以下、「子供の未来を考える会」ブログより
http://kodomomiraisakai.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

---
安心して食品を購入するための勉強会
~内部被ばくを避ける為に…


3月の原発事故以来、私たちが口にするあらゆるものが汚染されてしまいました。
私たち、そして子供たちは一体何を食べれば良いのか…?
詳しく知りたくても、細かい数値などは依然公表されず、ただただ“安心・安全”の言葉を信じるしかない状態です。果たしてそれで良いのでしょうか…?
そこを確かめるべく、勉強会を開くことにしました。
今回は講師として、グリーンピース・ジャパンの花岡和佳男さんをお迎えしてお話を伺います。
ご参加いただく皆さんもご一緒に、どのような対策が必要なのか考える勉強会です。

【講師】   グリーンピース・ジャパン 花岡和佳男さん

日時    10月23日(日)   10:00~12:00 (9:40開場)
会場     境シンパシホールNA・KA・MA(境町勤労青少年ホーム) 集会室
         茨城県猿島郡境町大字長井戸1689-1  TEL 0280-87-5858
参加費    300円 (子供の未来を考える会会費として。講演会等の運営費とさせて頂きます。)
定員     50名
申し込み  kodomo-sakai@ta2.so-net.ne.jp までメールにて受付。
        タイトルを「グリーンピース勉強会申込み」とし、お名前(参加者全員)、お電話番号、
  メールアドレスをご記入下さい。講演に先がけてのご質問がありましたら、
        ぜひご一緒にご記入ください。
託児     無料にて承ります。
        お預かりする人数に限りがありますので、ご希望の方は事前に上記申し込み先まで
        メールにてお申込み下さい。当日のご依頼はご遠慮願います。
        (タイトル「託児申込み」親・子の名前、子の年齢、電話番号記入願います。)
主催     子供の未来を考える会

 グリーンピース・ジャパンとは…
世界的な規模で起こる環境問題に取り組む国際環境NGO団体。政府や企業からの資金援助をうけず、市民のための独立した組織としてグリーン(持続可能)でピース(平和)な社会を実現するために活動する。主な活動は、気候変動(地球温暖化)、エネルギー問題、遺伝子組み換え問題、海洋生態系保護など。
特徴として、一般人が立ち入ることの出来ない環境破壊の現場へ出かけ、「目撃者として立会う・目撃した環境破壊を、映像などで世界に発信する・研究や調査など科学的調査活動に基づいた代替案を作り、政府や企業に提案する・非暴力直接行動や署名活動で、市民の声を社会に届け、世論を喚起する」ことを行う。
国連から、国際会議で正式な参加者として活動できる「総合協議資格」を与えられており、今回の原発事故においては、放射性物質と放射線量の実態調査を行うために、放射線専門家を含む調査チームを結成し、独自の調査を行っている。シーシェパードとは別団体。http://www.greenpeace.org/japan/ja/

以上、ご案内です。

昨日、境町と教育委員会主催の講演会が行われました。話の内容は大まかにいうと「安全安心」を謳うもの。

このお勉強会はどうでしょう?
色々な話を聞くのは良い事です。
どんな情報を聞いたところで、信じるものを決めるのはご自身ですが、その判断材料は多いに越したことはありません。
そして、一人で考えるより、大勢で考えた方が良い知恵は出てきます。

そういうきっかけ作りができる事を私たちは望んでいます。

グリーンピースさんからは4名のスタッフがいらっしゃいます。
質問などもたくさんできるようにしたいと思っていますので、ぜひぜひ周りの方もお誘いあわせの上、ご参加ください!
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。