スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご紹介:福島県伊達市の移動教室

先日・・・といってももう1ヶ月以上前の話ですが(汗)
@守谷メンバーオフ会で話題になったのが、
福島県伊達市の移動教室の話です

子ども・被災者支援法をはじめとする国の取り組みが
ものすごーーーーーく遅々として進まない中で、
何もせずに国が何とかしてくれるのを待つのではなく、
自治体が独自に、自分たちにできることを、
いろんな協力を得ながら、自分たちで取り組み始めている、
それを実績にして国にも積極的に働きかけている、
その姿勢がすっごくいいね!と盛り上っちゃいました

自治体って、自分がor自分で治めるって書くんですよね~

「移動教室に復興予算を」~福島・伊達の校長ら国に訴え
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1456

森の贈り物だより51号(平成25年2月4日)
伊達市「移動教室」支援300万円募金のお願い
http://morino-okurimono.blogspot.jp/

期間は短いですが、
避難(転居)や一時保養だと
経済的な問題や、気にする/気にしないなど、おうちの事情で、
できる子とできない子が分断されてしまいますが、
学校単位で全員、みんないっしょに参加できるのが、
移動教室のいいところですね
スポンサーサイト

東海村に注目!!東海村議会が東海第2原発について意見を募集しています。

ご存知のように私たち守谷市民にとって一番近い原発は東海村にありますが、
その原発自体はとても古く、運転開始から33年を経て老朽化しています。
そのうえ、過去に何度か放射性物質が管理区域外に漏洩しています。

東北地方太平洋沖地震後に自動停止、
そのまま定期検査に入っていますので現在は稼働していません。
再稼働した際にもし東北地方太平洋沖地震と同等の地震があれば、
福島の原発事故と同じ程度の被害が予想されるそうですし、
守谷市民にとっては、より近い場所での事故が起こることになります。

このまま、廃炉にするか、再稼働するかなど
東海村だけの問題ではなく
ご自身の問題として考え、意見を送ってみませんか?

「私1人の意見なんて・・」ではなく、「あなた1人」の意見がとても大事です。

東海村議会では一人でも多くのご意見をお待ちしているそうです。


意見提出方法は次の3つです。
なお、東海村民以外の方でも意見を提出することができますよ。

1  東海村議会ホームページから400文字以内
(上手い下手は関係ない。自分の気持ちを伝えることが大事。と思います)で意見提出
o 締め切りは10月31日(水)
o http://www.vill.tokai-gikai.jp/seigan_form.php

2  意見聴取会で意見を述べる。
第1回 10月25日(木) 18:00~20:30
東海村研究交流プラザ
地図→http://goo.gl/VI16f

第2回 10月28日(日) 13:30~16:00
東海村研究交流プラザ
地図→http://goo.gl/VI16f

3  紙で意見を提出
o 東海村コミセンに置かれている専用の用紙で提出
o 締め切りは10月31日(水)

-----
この情報を提供してくださった
お隣の常総市で情報を常に発信しつづけてくださる古性さんの大人気ブログをご紹介。

メインは常総市に問題提議されていますが、
今回の東海原発問題など、常総市民以外でも考えなくちゃならない内容が分かりやすく書かれています。

震災直後は、@守谷のメンバーも個人的にこのブログの情報にお世話になりました。

古性隆の 陽はまた昇る 第2幕:常総維新
http://office-aoba01.seesaa.net/article/296099942.html


講演会@笠間市 【直前】8月18日午後『放射能って何!?どうしたらいいの!?』

明日の子供を守る会笠間さんから、
直前ですが講演会のご案内をいただきました

以下、ご紹介。。。


『放射能って何!? どうしたらいいの!?』
一緒に学ぼう
~守田 敏也さん講演会~


シーベルト、ベクレル…ヨウ素、セシウム、ストロンチウム……3.11福島原発事故後、初めて聞く言葉が飛び交っています。
子どもへの影響が大きいといわれる放射能。今注目されている内部被曝…。どんな影響?食べ物は?防護策はあるの!?
かけがえのない子どもたちを守るため、一緒に学び、正しくこわがりましょう。

場所:友部公民館2F和室
日時:8月18日(木曜日)
14時~16時 13:30~ 開場
14時~15時 講演
15時~16時 質疑応答入場:無料
*予約不要
*お子様連れOK
問い合わせ:www.nacchin@docomo.ne.jp
主催:
明日の子供を守る会笠間http://asu-kasa.jugem.jp/?pid=1
放射能から子どもを守る 京都・ママ・パパの会
http://kodomo-kyoto.sakura.ne.jp/
(京都のママたちからカンパをいただき、今回の茨城での講演会が実現しました!つながろう!日本!!)

守田敏也(もりたとしや)さん プロフィール
1959年生まれ。京都市在住。同志社大学社会的共通資本研センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会的共通資本に関する研究を進めている 。原子力政策についても独自の研究を続けている。震災後のデーター収集と鋭い分析力により、震災後、講演会などに駆け回り、多忙な毎日を送られています。
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011

岩波書店『世界』9月号(発売中)に、守田さんが、6000人の被爆者を診察してこられ、内部被曝に詳しい臨床医師:肥田舜太郎先生をインタビューした記事が載っています。
http://www.iwanami.co.jp/sekai/
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/09/142.htmlぜひご覧ください。

守田さんのお話は新しい情報が満載です。わかりやすくお話してくださり、疑問・質問に何でも答えて下さいます。
この機会にわからないこと、知りたいことをぜひ!聞いてみましょう!!

講演会@境町「いま、子供たちを守るために知っておきたい放射能の事」

続きを読む

取手市~「@取手」ご紹介!

続きを読む

プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。