スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「原発事故子ども・被災者支援法」 の中身は私たちが作るって知っていましたか?

福島県では全県民に健康調査が行われていますが、福島県よりも線量が高い地域であっても、福島県以外の子どもの被曝を心配する親たちは、一人1万5000円程度かかる甲状腺エコーや血液などの検査を実費で受けている状態です。

「原発事故子ども・被災者支援法」 の対象地域になれば、国の責任で以下の支援を受けることができるようになります。(避難している、避難していないに関わらず)

・子どもの就学援助
・家庭、学校での食の安全の確保
・健康診断、医療費の減免
・就業支援
・住宅確保
・除染など放射線量の低減のための支援など


現時点では、この画期的な法律の支援対象地域には福島県以外は含まれる見込みが薄く、
福島県と同様の汚染地域であっても、国からの支援を受けることができないかもしれない状態です。
法律の中身が具体的に出来上がる前に私たちの声を届け、支援対象地として認識してもらう必要があるのです。

【原発事故子ども・被災者支援法とは】
「原発事故子ども・被災者支援法」は今年6月に川田龍平さんら、超党派の議員立法で成立しました。
この法案は被災者の生活支援と、健康被害の未然防止を定めたもので、以下のことがしっかりと明記された
被災者を救う為の画期的な法律です。

【どんな支援策をうけられるの?】

避難しても、避難しなくても以下の支援を受けられます。
・子どもの就学援助
・家庭、学校での食の安全の確保
・健康診断、医療費の減免
・就業支援
・住宅確保
・除染など放射線量の低減のための支援など

【具体的にどうすればいいの?】
☆まずはこの法律を知ってみんなに広めよう
☆地元選出の国会議員へお願いしよう
☆署名をしよう
☆私たちと一緒に活動しよう(最寄りの団体へ!)

【ご紹介:関東ネットの取り組み】

原発事故以降、放射能汚染への
様々な対策を求めそれぞれに 活動をしている
茨城、千葉、埼玉の33団体の市民が繋がり
『放射能からこどもを守ろう関東ネット』
http://ekantornet.jimdo.com/)を結成し、
子ども達を守る為以下の様な取り組みを行っています 。

①関係省庁との交渉(10~11月に2回交渉し要請中、今後も交渉の予定)   
②弁護士や医師を含めた活発な勉強会の開催
③各自治体に国へ声を上げるよう続々と要請文を提出。今後も要請予定。
④12月衆議院選挙の争点として政党へ要請、候補者へアンケート実施
⑤街頭PR活動 
⑥ネット署名(予定)

☆関係省庁との交渉(今後も交渉予定)
1.jpg
(第2回復興庁との交渉の様子・2012.11.26)

☆弁護士や医師を含めた活発な勉強会の開催

<2012.11月4日・支援法勉強会in守谷>
2.jpg

<2012.9.22・松井英介先生による勉強会in松戸>
tohkatsunet.wordpress.com/2012-09-22_kodomo_benkyouka/

☆街頭PR活動 
<2012.11.29・東京新聞・柏駅前で街頭アピール>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20121130/CK2012113002000099.html
3.jpg

<2012.12.11茨城新聞・取手駅街頭アピール>.pdf
4.jpg

☆各自治体に国へ声を上げるよう続々と要請文を提出。
自治体に子ども健康調査、支援対象地域への指定を求め、
各地域で要請文を提出。茨城では、市民団体それぞれが、
25自治体に対し要望書を提出し 県に対しても、
56の団体、155名の個人で要望書を提出。

<行政からの回答はこちらをご覧くださいimamo311.blog.fc2.com/

【特別報告者のプレス・ステートメント】
最後に、国連人権理事会のアナンド・グローバー氏の声明をご紹介します。日本政府に対し「原発事故子ども・被災者支援法」を早急に実施するよう要請されています。



http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DeWz2Xj8jH0
<2012.11.26 国連人権理事会 特別報告者のプレス・ステートメント>
スポンサーサイト

8月12日締切!「エネルギー・環境 に関する選択肢」 パブリックコメント

「エネルギー・環境に関する選択肢」について、パブリックコメントを募集しています。

・・・パブリックコメントって何??

パブリックコメント(略してパブコメ)とは!
政府が「政令や省令等を決めようとする際に、あらかじめその案を公表し、広く国民の皆様から意見、情報を募集する手続」のことだそうです。

なので、誰でも、専門家じゃなくても、普通の人が、
「エネルギー・環境に関する選択肢」について、
政府に自分の意見を送ることができます←重要


詳細はこちら↓
「エネルギー・環境に関する選択肢 」に対する御意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf
ですが
↑・・・けっこう説明が長文&pdf見られない方用に、以下でポイントをまとめてみました。



はじめてのパブコメ~パブリックコメントを送ってみよう!~

■今回のパブコメの前提

(1)現行のエネルギー基本計画(2030年に向けて)
・2030年時点で原子力に電源の5割近くを依存(する予定だった)
・東京電力福島第一原子力発電所の事故発生
・原子力は安全であるという大前提が揺らぎ…エネルギー選択を白紙から見直し開始。
→詳しくはhttp://www.sentakushi.go.jp/intro/

(2)基本計画の見直し…考えられる3つのシナリオ

1.ゼロシナリオ(なるべく早期に原発比率ゼロ)
2.15シナリオ(2030年に原子力15%)
3.20~25シナリオ(2030年に原子力20-25%)

・2010年の状況は、化石燃料63%、原子力26%、再生可能エネルギー10%
→詳しくはhttp://www.sentakushi.go.jp/scenario/

以上の前提を踏まえどう思うか、
誰でも意見を送ることができます。

★締切:平成24年8月12日(日)18:00必着

■パブコメの送り方
*どう書いたらいいの??という方は、記事の最後の方のリンクもご覧くださいね。

(1)HPからの投稿
下記から入力・送信可能です。
https://form.cao.go.jp/aec/opinion-0027.html

(2)FAXを送信
送信先:03-6368-9460 
エネルギー・環境会議事務局
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント受付係

専用用紙はこちら↓
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702_1.pdf

pdfが見られない方も画像なら見られるかな?(クリックで拡大)
20120702_1.jpg

(3)郵送
郵送先:〒100-8779
東京都中央区銀座8丁目20-26
郵便事業株式会社銀座支店留
エネルギー・環境会議事務局
「エネルギー・環境に関する選択肢」に対するパブリックコメント受付係

専用用紙はこちら↓
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702_2.pdf

画像(クリックで拡大)
20120702_2.jpg



・・・以上、オリジナルよりは短く(笑)、まとめてみました。

パブリックコメントって何?
どうやってかけばいいの?という疑問について、
環境保全団体WWFもわかりやすく説明するサイトを開設してます。

今こそアクション!「選択肢」パブリックコメントに参加しよう!
http://www.wwf.or.jp/campaign/2012pbc/

「選択肢」パブリック・コメントの書き方ガイド
http://www.wwf.or.jp/activities/2012/07/1076119.html
・「全く同じ文章でたくさん提出がされると、意見として数えてもらえない可能性がありますのでご注意下さい」とのことですが、文章に自信がなくてもこんな感じで書いていいんだ!という事例がたくさん載っていて励まされます。

その他詳細が気になる方は、
下記オリジナルの募集要項も直接ご確認くださいね。

「エネルギー・環境 に関する選択肢 」に対する
御意見の募集(パブリックコメント)について
http://www.npu.go.jp/policy/policy09/pdf/20120702/20120702.pdf

除染の時はご注意を!

守谷市内でも奉仕作業等で除染を行う例が出てきたという情報がありました。
台風次第では、4日(もう今日ですが)の環境美化の日に行うところもあるかもしれないですね。

そうした作業の際に、放射能についてきちんと説明がないと、
除染する人が知らずに内部被曝してしまう危険があります。
除染と知らずに側溝の掃除を普通にしてしまうとか!

以下、除染のときに気をつけるべき内部被曝対策のリンクをまとめました。
※まだ作成中ですがとりいそぎアップします!
より詳しい情報をお持ちの方はコメントいただけるとうれしいです。

<除染の時は気をつけて!除染する人の内部被曝対策>

http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/a/4/-/img_a465a3c4869ea6b7cae870dae13254c0108021.jpg
「まてないみせ」内部被曝さけるために
(2011年7月27日 児玉龍彦教授 衆議院厚生委員会資料)
・土ホコリは”マ”スクで
・手につかないように”手”袋で
・側溝など汚泥につくときは洗える”長”靴で
・作業中は”飲”食禁止
・かわりに途中で手を洗って”水”分補給
・”線”量計が必須 高い汚染物は専門家を呼ぶ


<公開されている除染マニュアル>
・日本放射線安全管理学会
「個人住宅を対象とするホットスポット発見/除染マニュアル」
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jrsm/shinsai/0728soil.pdf
短くまとまっている新聞記事はこちら
http://digital.asahi.com/articles/TKY201108290561.html?ref=twitter

・南相馬市災害対策本部(平成23年7月)
放射性物質除染マニュアル
http://www.city.minamisoma.lg.jp/mpsdata/web/5038/josen-manyuaru.pdf

・福島県災害対策本部平成23年7月15日
生活空間における放射線量低減化対策に係る手引き
http://www.pref.fukushima.jp/j/tebiki0715.pdf

・放射能除染・回復プロジェクト(2011年8月1日作成・エントロピー学会内)
http://entropy.ac/download/yamada.pdf

・原子力災害対策本部平成23年8月26日
市町村による除染実施ガイドライン
http://www.meti.go.jp/press/2011/08/20110826001/20110826001-6.pdf#search=%27
除染に関する緊急実施基本方針
http://www.meti.go.jp/press/2011/08/20110826001/20110826001-3.pdf#search=%27

リンク集:自治体による食品放射能測定ニュース

ここ数日、
自治体による食品放射能測定ニュースが増えてきたので、
目についたものをまとめてみました
守谷市にもぜひ参考にしてやってほしいですね

他にもご存知のところがあったらコメントで教えていただけると嬉しいです。
(ご返信ちょっとお時間頂きますがご了承ください)

ミッフィー



■■自治体による食品放射能測定ニュース■■

<県内>


●河内町
「農作物、出荷前に検査 食品放射能測定機器 河内町が運用開始」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20110803/CK2011080302000062.html
「河内町 農畜産物の安全アピール 」
http://mytown.asahi.com/ibaraki/news.php?k_id=08000001108200001
対象:出荷前農産物。※町村の農産物の放射能検査は県内で初めて。
機械:町が総額約五百万円で購入し、検査する担当職員を養成してきた。機器は十分間でキロ当たり三〇ベクレル以上の放射能を測定できる。
やり方:町は測定機器を三セク本社に置いて、学校給食の食材、町内産や三セク直売所に持ち込まれる農産物の検査を無料で行う方針だ。野菜、肉、牛乳、土などに含まれるセシウムとヨウ素を約10分で測定する。

●つくば市
「学校除染支援で洗浄機貸与 つくば市、食品測定器も購入」
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13136737863470
対象:市内の生産農家が持ち込んだ食材のほか、学校給食で使う食材については納品前に産地から取り寄せてサンプリング調査を行う。市民が家庭菜園で栽培した野菜なども検査できる。
機械:放射性物質を生産者や一般市民が検査できるよう高精度の測定器を9月下旬ごろに購入
やり方:納入され次第、市役所内に設置して検査を始める方針。

●牛久市
「給食食材を検査 来月から市内産、不安解消図る」
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13137595674843
対象:学校給食に使用される市内産の食材について
機械:検査に使用する簡易型の食品放射能測定器を1台購入。
やり方:学校給食の食材に使用される市内産の農産物を市保健センターに持ち込み、放射性ヨウ素や放射性セシウムの有無を調べる。放射性物質が国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超えた場合は、民間会社に再検査を依頼する。
結果公表:各学校に伝える方針。市民に対しては、市のホームページやメールマガジンなどでの公表も検討中

●龍ケ崎市
「除染指標0・33マイクロシーベルトに 龍ケ崎市、放射線対応策決める」
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13137583466599
対象:学校、保育所給食の食材
機械:放射線測定器を導入
やり方:学校、保育所給食の食材を前日に測定する。保育所給食は22日以降、学校給食は9月初旬から測定を始める予定。


<県外>


●福島県白河市
「東日本大震災:給食の安全確保へ 白河市が25日から、食材の放射能測定 /福島」
http://mainichi.jp/area/fukushima/news/20110804ddlk07040092000c.html
「15歳未満と妊婦に線量計、白河市が配布へ」(給食にも言及)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110802-OYT1T00181.htm
対象:毎日200種類程度の食材を使っており、時間的な制約から検査できるのは32種類程度という。暫定規制値を下回っていても、1キロ当たり30ベクレルを超える放射性物質が出た場合、その食材は使用しない方針。
機械:放射性ヨウ素、同セシウムを検出できる機器を2台導入
やり方:市内2カ所の学校給食センターに配置する。センターで調理する小中学校14校と1幼稚園、自校で調理している9校、2幼稚園、7保育所の計33カ所の給食で使う肉や野菜などの食材を検査する。2学期始業時から。校内に調理室のある小中学校9校で使う食材も同センターに持ち込んで測定する。
予算:3件の放射線対策事業を含む計5億2594万円の補正予算を専決処分した。

●千葉県流山市
「小中学校で除染本格化 洗浄車で放射線量低減」
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20110818/CK2011081802000049.html?ref=rank
対象:市内産の農作物、市内の保育所と小中学校の給食用食材
機械:今月に入って新たに導入した簡易型放射性物質分析機器

●大阪府
「食品の放射性物質検査を開始」
http://mytown.asahi.com/osaka/news.php?k_id=28000001108200003
対象:政府が出荷制限を指示した地域の農産物や魚、府内の食肉処理業者が保管している牛肉
   今後、対象品目は産地や府内の流通量を踏まえて決める
機械:自前の検出器を購入
結果公表:検査結果は府のホームページで公表

放射能対策・水と食べ物リンク集

茨城大学有志の会の中川尚子先生が、
放射能対策・水と食べ物リンク集を作ってくださっています。
転載許可をいただきましたので、ご紹介します

■■放射能対策・水と食べ物リンク集■■
(作成: 茨城大学有志の会 中川尚子)

・全国の食品計測データをまとめたサイト
(水道水もあり)
http://atmc.jp/food/

・海産物の計測データを調べやすくまとめたサイト
(同サイトに海産物汚染の様々な情報あり)
http://katukawa.com/?p=4626

・リンク豊富で、さらにいろいろ調べるために使える有用サイト
(すごい!)
http://organic-newsclip.info/rad/index.html

・WHOによる6月初旬での報告書
http://www.who.or.jp/index_files/WHOSITREP_No34_9Jun_JP_draft2_j.pdf

・水道水の計測値
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1303956.htm

・茨城県による食品などの計測データ
http://www.pref.ibaraki.jp/20110311eq/index25.html

・厚生労働省発表の全国の食品計測データ
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw3.html

・土壌肥料学会(農作物への移行に関する様々な情報)
http://jssspn.jp/info/nuclear/index.html

・食品安全委員会のデータベース
http://www.fsc.go.jp/fsciis/

・原子力百科事典ATOMICA
(言葉の説明、国際規準、過去データ説明データなど、非常に便利)
http://www.rist.or.jp/atomica/
プロフィール

放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)

Author:放射能汚染から子どもを守ろう@守谷(ブログ班)


「放射能汚染から子どもを守ろう@守谷」は、東京電力福島第一原子力発電所事故の子どもへの影響を心配するお母さんの呼びかけで始まりました。

会の名前通り「守谷のこどもたちを放射能汚染から守りたい」。その思いのもと、約10名の母親を中心に、市内外のいろんな方達と協力して、できる人ができることをできる範囲で活動しています。

★茨城県守谷市にて活動しています。活動内容はこのブログに随時アップいたします。

★興味のある方はコメントください。
コメントは記事タイトル下の「コメント」をクリックしてください。
複数人で管理しているので、コメントご返信と記事更新のタイミングがずれることがありますがご了承ください。

★@守谷は、どのような思想・信条・信仰の方であっても、守谷で放射能から子どもを守るという一点においては、お互いを尊重しながらできる範囲で、協力し合って取り組みたいと考えています。@守谷の活動にいただいたカンパや、活動を通して知り得た個人情報は、@守谷の活動以外の用途には一切使用しません。

★@守谷では放射能対策に関する様々な情報もご紹介しますが、放射能対策情報は専門家でも意見が分かれていることもありますので、最終的な正否の判断は各自でお願いします。

★@守谷の名前で放射能対策を謳った物品(浄水器、サプリメント等)の販売は一切いたしません。@守谷の名前を騙って、@守谷の活動と関係のない販売・勧誘を行っていると思われる事例がありましたら当会までお知らせください。事実の確認の後、然るべき対応を取らせていただきます。

★お問い合わせ先
メールアドレス
forchildren.moriya.ibaraki(あっと)gmail.com
(迷惑メール防止のため、あっとを@に換えて送信してください)
(お問い合わせのご返信には1週間程度お時間を頂戴しています、何卒ご了承下さい)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。